[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマゴン、次戦相手に井岡一翔を熱望 「本当に検討しているのはイオカとの統一戦だ」

ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は2月29日(日本時間3月1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。再び頂点に輝いたロマゴンは次戦の相手を指名。日本で7月に、WBO同級王者・井岡一翔(Reason大貴)と対戦する意向を明らかにしたという。ニカラグア地元紙「ラ・プレンサ」が「エストラーダでも、ナオヤ・イノウエでもない」と特集している。

ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】
ローマン・ゴンサレス【写真:Getty Images】

王座に返り咲いたロマゴン、次戦の相手として熱望しているのは井岡

 ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は2月29日(日本時間3月1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が王者カリド・ヤファイ(英国)を9回TKOで下し、王座奪取に成功した。再び頂点に輝いたロマゴンは次戦の相手を指名。日本で7月に、WBO同級王者・井岡一翔(Reason大貴)と対戦する意向を明らかにしたという。ニカラグア地元紙「ラ・プレンサ」が「エストラーダでも、ナオヤ・イノウエでもない」と特集している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 強打復活、ヤファイを豪快なKOで沈めた。かつてパウンド・フォー・パウンドの頂点に君臨したロマゴン。ヤファイを倒してスーパーフライ級の王座を再び手にしたが、注目の次戦について言及している。

 同紙は「フアン・フランシスコ・エストラーダでも、ナオヤ・イノウエでもない。ローマン・ゴンザレスは日本で7月に統一戦を発表する」の見出しで報じ、ゴンサレスのコメントを紹介している。

「陣営と話し合っている。我々が本当に検討しているのはカズト・イオカとの統一戦だ。ボクシングの世界では全てが一変してしまうことはあるけれど、ね。7月に行う可能性がある」

 待望論が浮上していたスーパーフライ級最強と称されているWBC王者エストラーダ(メキシコ)や、過去に2度敗れている元WBC王者シーサケット・ソー・ルンヴィサイ(タイ)ではなく、日本の4階級制覇王者の井岡に狙いを定めているようだ。

「とりあえずは15日間程度はカラダを休めたい。試合後には自然な痛みもある。127から130ポンドを維持したい。減量にも気を配って、フィジカルトレーニングを積む。次の試合の契約準備を進める」

 ロマゴンはこうも語ったという。特集で「彼(井岡)はヤファイよりも優れたファイター」と評価された日本人チャンプは、かつてのPFP最強の男と拳を交えることになるのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集