[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

後半戦白星発進のウィザーズ PO圏内まで4ゲーム差、逆転進出へ「一丸となって」

一方、指揮官はプレーオフを意識せず「良いプレーをするまで」

 その一方で、ウィザーズのスコット・ブルックHCは「毎試合良いプレーをするまで」と話し、POについては意識していない様子だ。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のフレッド・カッツ記者によると、試合後にPO進出の可能性について聞かれ、「試合も見るし、順位も見るけれど、プレーオフについては話さない。良いプレーをして後半戦を良い形で終えたいだけだ」とあくまで試合内容を重視していることを強調したという。

【PR】アスリートをクールにサポート アディダスの新トレーニングウェア「HEAT. RDY」がスゴイ

 現在東カンファレンスで首位に立っている38勝6敗のバックスは、勝率.864と圧倒的な数字。まず間違いなくPOの第1シードを獲得するだろう。2位のヒートから6位の76ersまで混戦模様で、1.5ゲーム差に5チームがひしめいている。そこから少し勝率が下がって、7位のマジック、8位のネッツはともに負け越している。

 22日から始まるロード4連戦は、22日のヒート戦を皮切りに、キャバリアーズ、ホークス、バックスと、いずれも東カンファレンスのチームと戦うため、ウィザーズにとってこの遠征は非常に重要なものになりそうだ。現在ネッツと4ゲーム差の11位につけるウィザーズは、ビールが語ったように、チーム一丸となり、ロード4連戦で勝ち越したいところだ。

(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集