[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、ファンの批判に反応 絶妙な切り返しに豪称賛「ネット上の攻撃も撃退」

テニスの4大大会・全豪オープンで世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が、女子シングルス1回戦で同59位のマリエ・ブズコバ(チェコ)を6-2、6-4で撃破した。日本人史上初となるGS連覇へ順調な滑り出しを見せたが、SNS上で披露した華麗な切り返しが地元オーストラリアメディアで話題に。「卑劣な言葉を看過せず」「勇敢な対応」と称賛の声を呼んでいる。

大坂なおみ【写真:AP】
大坂なおみ【写真:AP】

自身へのブーイングに反応「すごく怒っているの? ディアンヌ?」

 テニスの4大大会・全豪オープンで世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が、女子シングルス1回戦で同59位のマリエ・ブズコバ(チェコ)を6-2、6-4で撃破した。日本人史上初となるGS連覇へ順調な滑り出しを見せたが、SNS上で披露した華麗な切り返しが地元オーストラリアメディアで話題に。「卑劣な言葉を看過せず」「勇敢な対応」と称賛の声を呼んでいる。

【PR】アスリートをクールにサポート アディダスの新トレーニングウェア「HEAT. RDY」がスゴイ

 全豪連覇に好発進を見せた大坂。SNS上の無双ぶりにも注目が集まった。「ナオミ・オオサカの全豪オープンにおける攻撃に勇敢な対応」と報じたのはヤフースポーツ、オーストラリア版だった。

「第3シードの日本人はお決まりの6-2、6-4の勝利で2回戦進出を決めた。その後にはおまけにオンライン上の攻撃も撃退したのだ」

 記事ではこう報じている。全豪オープン公式ツイッターは試合前にアリーナ内を大きなヘッドフォンをつけながら、引き締まった表情で歩く大坂の試合前の動画とともに「チャンプはロッド・レーバー・アリーナへ2020年全豪オープン連覇のために戻ってきた。ナオミ・オオサカは女子としては2013年以来となる全豪連覇を視野に入れている」と紹介した。

 しかし、同ツイッターの投稿にディアンヌと名乗る海外ファンが「ブーーーーーーーーーーーー」とコメント。どこか気に入らなかったのか、女王の凱旋にブーイングを浴びせていた。試合後、大坂はオンライン上で浴びせられたコメントに反応。ブーイング投稿を引用した上で「すごく怒っているの? それともちょっとだけ怒っているのかな、ディアンヌ?」と切り返している。

 記事では「この卑劣な言葉をオオサカは見逃さなかった。ソーシャルメディアであっという間に反撃に出た。1回戦勝利からほどなく、オオサカは彼女が華麗に勝利したという事実とともに、ディアンヌに勇敢な一撃を与えた」と報じている。海外ファンからもディアンヌさんに対して女王に対するブーイングを「品格を保つんだ、ディアンヌ」などと、たしなめるツイートが相次いだ。罵声に対する毅然とした大坂の態度も大きな話題を呼んでいる。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集