[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡堅樹が「見られなくなってしまう」 15人制代表から引退の名手をNZメディアが特集

昨年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強入りに貢献し、12日に開幕したジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)でも快足を披露した福岡堅樹(パナソニック)。7人制で東京五輪出場を目指し、その後は医師という夢に挑むとされているが、まだ27歳。ラグビー強豪国のメディアも、国際試合で活躍が見られなくなることを惜しんでいるようだ。

福岡堅樹【写真:荒川祐史】
福岡堅樹【写真:荒川祐史】

福岡は12日のトップリーグでも2トライ、東京五輪は7人制での出場目指す

 昨年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8強入りに貢献し、12日に開幕したジャパン・ラグビー・トップリーグ(TL)でも快足を披露した福岡堅樹(パナソニック)。7人制で東京五輪出場を目指し、その後は医師という夢に挑むとされているが、まだ27歳。ラグビー強豪国のメディアも、国際試合で活躍が見られなくなることを惜しんでいるようだ。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 12日に行われたTLのクボタ戦(熊谷)では50メートルをぶち抜くなど、圧倒的なスピードで2トライを決めて大観衆を沸かした福岡。今年は7人制で五輪出場を目指し、その後は子供の頃からの夢だった医師を目指すとされている。まだ27歳、寂しさを感じるファンも多いだろう。

 代表史上に残る俊足WTBが一線を退くことを、海外メディアも惜しんでいる。ニュージーランドメディア「stuff」は「2020年にビッグマッチで見られなくなってしまう名前たち」と題し、15人制の国際試合から退く選手をピックアップ。オールブラックス主将のキーラン・リード、アイルランド代表で主将を務めたローリー・ベストなどとともに、「ラグビー以外の道へ進むために代表を引退する選手もいる」と福岡についても触れている。

 記事では代表38試合で25トライという輝かしいキャリアを紹介。その上で「27歳のフクオカはこの先まだ何年もプレーする年数はあるようにみえる。しかし、小さなウィングの彼は家業である医学の道に進むために、キャリアを終えることを決めている」と、東京五輪後の福岡の夢について触れながら紹介した。

 当初はTL第2節終了後に7人制に合流する可能性も浮上していたが、12日の試合後にまだ流動的であると説明していた福岡。TLで、東京五輪で、その快足が数多く見られることに期待したい。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集