[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大学ラグビー部マネージャー コンビニ&外食が多い選手に悩み、食生活の良い改善策は?

大学生レベルの選手が身につけておきたい食習慣は4点

 具体的な取り組み方ですが、まずは簡単な食習慣のアンケートを行ってみましょう。以下に質問内容の例をいくつか挙げます。

○朝ごはんを食べていますか? 
○朝ごはんによく食べているものは何ですか? 主食・主菜・副菜は揃っていますか?
○昼ごはんによく食べるものは何ですか? 主食・主菜・副菜は揃っていますか?
○夕飯によく食べるものは何ですか? 主食・主菜・副菜は揃っていますか?
○1日1回、牛乳・乳製品と果物をそれぞれ摂っていますか?
○トレーニングの前後に補食を摂っていますか? 補食は何を摂りますか?
○試合後に水分と補食を摂っていますか? 補食は何を摂っていますか?

 加えて、各自カラダ作りやコンディショニングの目標、課題を記入してもらいます。すると、選手個々の食生活の現状や目標が明確になり、おのずと食生活の課題もみえてきます。書き込むことで「いつも朝食抜きで、お昼はコンビニおにぎり2個とインスタントラーメンだった」と気づき、選手本人やスタッフ陣も「これはまずい」と考えるようにもなります。

 続いて、アンケートの結果からチーム全体の食生活の現状を把握。そこから、選手、コーチングスタッフ、マネージャー全員で話し合い、チームとしての目標を立てます。

 大学生レベルの選手が身につけておきたい食習慣は、以下の4点です。

1)1日3回食事を摂る
2)食事は、主食+主菜+副菜の3つを揃える
3)牛乳・乳製品、果物を毎日摂る
4)1日3回の食事の他に、計画的に補食を摂る

 以上のことから、「最初の1か月は、全員が朝食を摂る。2か月目は、主食、主菜、副菜の揃った食事を摂る」などと、優先順位を決めて目標を設定します。例えば、半分以上の選手が朝食を摂っていないのであれば、第一の目標を「毎日、朝食を摂ろう!」にする、という具合です。

1 2 3

橋本 玲子

株式会社 Food Connection 代表取締役

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

ラグビーワールドカップ(W杯)2019で栄養コンサルティング業務を担当。2003年ラグビーW杯日本代表、サッカーJ1横浜F・マリノス(1999年~2017年)、ラグビーリーグワン・埼玉パナソニックワイルドナイツ(2005年~現在)ほか、車いす陸上選手らトップアスリートのコンディション管理を「食と栄養面」からサポート。また、ジュニア世代と保護者に向けての食育活動も行う。アメリカ栄養士会スポーツ循環器栄養グループ(SCAN)並びに、スポーツ栄養の国際的組織PINESのメンバー。アメリカ栄養士会インターナショナルメンバー日本代表(IAAND)として、海外の栄養士との交流も多い。近著に『スポ食~世界で戦うアスリートを目ざす子どもたちに~』(ベースボールマガジン社)

URL:http://food-connection.jp/

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)など。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集