[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ハリルJ専属シェフが語る勝つための栄養学 決戦2日前から控えるべき食事は

勝つための準備は試合2日前から本格化する――。アスリートにとって、栄養摂取は最大のパフォーマンスを出す上で重要なポイントとなるが、トップアスリートは試合に向け、食事面でどのような準備を行うのか。また、コンディションを整えるための理想的な「食」とは。サッカー日本代表の海外遠征時に専属シェフとして帯同する西芳照さんに『試合に勝つための栄養摂取』について話してもらった。

20160620_nishi

日本代表専属シェフが語る勝つための食事とは

 勝つための準備は試合2日前から本格化する――。アスリートにとって、栄養摂取は最大のパフォーマンスを出す上で重要なポイントとなるが、トップアスリートは試合に向け、食事面でどのような準備を行うのか。また、コンディションを整えるための理想的な「食」とは。サッカー日本代表の海外遠征時に専属シェフとして帯同する西芳照さんに『試合に勝つための栄養摂取』について話してもらった。

「合宿や遠征では朝は普通のたまご料理にご飯や味噌汁、そしてお魚やウインナー、ハムを出すようにしていますね。ただベーコンは脂が多いから出さないようにしていますね」

 西さんはこう語る。

 かつてJFAナショナルトレーニングセンターJヴィレッジの総料理長を務め、現在は福島県広野町のレストラン『アルパインローズ』『クッチーナ』でシェフを務めている西さん。2011年3月の東日本大震災を受け、福島第一原発への対応に当たる作業員に対して「温かい食事を提供したい」との思いから、被災地となった生まれ故郷に留まり続け、腕を振るっている。

 また、『日本代表専属シェフ』の肩書きでも有名。06年にワールドカップ・ドイツ大会に臨んだジーコジャパン以来、イビチャ・オシム氏、岡田武史氏、アルベルト・ザッケローニ氏、ハビエル・アギーレ氏、そしてヴァイッド・ハリルホジッチ監督と6つの政権にわたって日本代表戦士の胃袋を満たしてきた。

 今年1月に行われたリオデジャネイロ五輪アジア最終予選では中東の地で戦うU-23日本代表に栄養たっぷりの食事も提供。“アジアで勝てない”とも言われた手倉森ジャパンは念願の優勝を手にしている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集