[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「完全に遅咲き」のプラチナ世代 JリーグMVP仲川輝人の分岐点となった大学選択

選択を乗り越えた先に、現在の仲川輝人がある【写真:松橋晶子】
選択を乗り越えた先に、現在の仲川輝人がある【写真:松橋晶子】

「本当に重要なのは選択した後の自分」、多くのJクラブから誘われる存在に

 仲川は在籍4年間で関東大学リーグ1部を4連覇。負けを知らない男のもとには、Jクラブから多くの獲得オファーが舞い込んだ。

 結果的にさまざまな理由から横浜F・マリノスへの加入を決めたが、川崎フロンターレからも誘いを受けた。反骨心は無駄にはならなかった。

「フロンターレに育ててもらったという思いは強いです。あの時、トップチームに昇格できなかったからこそ、専修大学に進んで成長できたと思っています。大学では自分を磨く時間を過ごせて、4年という時間は決して遠回りではなかった。選択はとても難しいけれど、本当に重要なのは選択した後の自分です。サッカーでも、パスか、ドリブルか、それともシュートか、判断の連続です。その決断を後悔しないように努力することが大切だと思います」

 順風満帆とはいえないサッカー人生が、今では自信の根源になっている。選択を乗り越えた先に、現在の仲川輝人がある。

【「横浜F・マリノス 変革のトリコロール秘史」発売】

 仲川が所属する横浜F・マリノスに迫った新刊が3月31日に発売された。クラブ取材歴15年の番記者が、選手・監督・スタッフを徹底取材。堅守のマリノスから アタッキングフットボールへ、J2降格の危機にまで陥ったリーグ屈指の名門は、いかにして変革を遂げ、15年ぶりの優勝を果たしたのか。知られざる変革の「歴史」と「裏側」を深く掘り下げた。

「横浜F・マリノス 変革のトリコロール秘史」(著=藤井雅彦、発行=ワニブックス)

(藤井雅彦 / Masahiko Fujii)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集