[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

観客も“甲子園の土”を体感できる 「FLAT ARK」内野洋平が仕掛ける10周年の節目

2024年に開場100周年を迎える阪神甲子園球場。甲子園の愛称で親しまれる日本一有名な球場が12月、その歴史に新たな1ページを書き加える。12月23、24日、甲子園初のアーバンスポーツとしてBMXフラットランドの世界大会「FLAT ARK 2023」が開催されることになった。

FLAT ARK主宰者であり、BMXフラットランドで11度世界王者に輝いた内野洋平【写真:荒川祐史】
FLAT ARK主宰者であり、BMXフラットランドで11度世界王者に輝いた内野洋平【写真:荒川祐史】

阪神甲子園球場100周年記念事業として12月にBMXフラットランド国際大会開催

 2024年に開場100周年を迎える阪神甲子園球場。甲子園の愛称で親しまれる日本一有名な球場が12月、その歴史に新たな1ページを書き加える。12月23、24日、甲子園初のアーバンスポーツとしてBMXフラットランドの世界大会「FLAT ARK 2023」が開催されることになった。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 神戸から始まり今年で10周年を迎えたFLAT ARK×来年で100周年を迎える甲子園。異色の組み合わせからどんな仕掛けが飛び出してくるのか。FLAT ARK主宰者であり、BMXフラットランドで11度世界王者に輝いた内野洋平は「高校野球っぽい演出があったり、観客もグラウンドから見られるので、いつもと違う甲子園、いつもと違うFLAT ARKを楽しんでほしいですね」と自信たっぷりに微笑む。

 東京オリンピック以来、大きな盛り上がりを見せているアーバンスポーツ。ここまで100年の歴史を紡いできた甲子園が、これから100年の歩みを考えた時、アーバンスポーツの存在を無視することはできなかったようだ。今年6月、FLAT ARKに甲子園開催の誘いが舞い込んできた。

「甲子園で開催される1発目の競技として、フラットランド、FLAT ARKに声を掛けてもらえたのは光栄なこと。スケートボードもBMXパークも足を踏み入れたことがない場所。準備期間は短かったけど『こんなチャンスはない。とりあえずやろう!』と結構すぐに決めました」

 競技者であり、主宰者でもある内野がまず行ったのは、海外から参戦する選手の確保だった。フラットランドが盛んな欧米はキリスト教文化が主流なため、選手の多くはクリスマスを地元で家族と一緒に過ごしている。「日本で言えばお正月みたいなもの。参加できない選手も多いと思っていた」という内野の予想通り、「10周年の記念大会にぜひ参加したかったのに……」と後ろ髪を引かれながら欠場するFLAT ARKの常連メンバーも。それでも、海外19の国と地域から40人を超えるライダーが参加表明したのは、FLAT ARKが持つ世界でのステータスの高さ、そして内野の人望によるところだ。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集