[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビー日本戦が「少し怖い」 アルゼンチン敏腕記者、10.8決戦へ母国の現状を危惧「一体何が…」

日本が南アフリカにW杯で勝っている事実を「忘れてはいけない」

 こちらが聞かなくても、フランキーは間髪を入れずに母国チームの話を展開していく。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「だがね、日本に比べるとアルゼンチンは非常に低い位置からのスタート(イングランド戦の敗戦)になった。サモア戦も、小さなステップで勝ち抜いてきた。そしてチリ相手にも、小さなステップしか上がっていないという印象だ」

 日本との決戦へ向けた前哨戦という位置づけだったチリ戦も、初出場だった敗者の健闘を称えながらも、スコア(59-5)以上に圧倒できたはずの試合だったというのが、フランキーの見立てだ。母国は低空飛行のまま、日本戦に臨もうとしているという危機感が、その表情にも滲んでいた。

 最後に、こんな話をして臨時独占インタビューを終えた。

「もちろん、アルゼンチンに勝ってほしいよ。だが、忘れてはいけないのは、日本は(2015年W杯で)南アフリカを倒したチームという事実だ。だから、この試合への答えは出せないよ」

 母国代表の勝利を信じたい思いと、それに反して、チームはベストな状態ではないという確信。そして日本が侮れない、したたかなチームであるという警戒心。彼ほどの豊富な取材経験を持っていても、“ナントの決戦”は、勝負がどう傾いていくかを読み切れないゲームだということだけは間違いない。

■フランキー・ディゲス / Flankie Deges

 1968年1月8日生まれ。ブエノスアイレス出身。現在も居住。1987年から記者として活動を始め、ラグビーW杯も95年以降すべての大会に記者、関係者(メディア担当者)として参加してきた。現在は南アメリカのラグビー情報を提供する「Sudamérica Rugby」(スダメリカ・ラグビー)のメディアマネジャーというポストと同時に、現役記者として世界を駆け回る。世界的なラグビーサイト「Rugby Pass」(ラグビーパス)やワールドラグビー、日本のラグビーマガジンなどにも寄稿するなど、豊富な経験を基にした記事を世界のメディアに書き続ける。

(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)





1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19、23年と7大会連続で取材。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集