[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

北島康介が語る萩野公介 「僕があれだけの練習をやっていたら3連覇できた」

競泳のパンパシフィック選手権(パンパシ水泳、テレビ朝日系列で中継)は8月9日に開幕する。日本チームをエースとして引っ張る存在となるのが、男子の主将を務める萩野公介(ブリヂストン)だ。リオ五輪で金銀銅のメダルをコンプリート、2年後の東京五輪でも2大会連続メダルの期待がかかる日本のエースを、大会を盛り上げる「アスリートホスト」北島康介さんは、“日本のエースの先輩”として、どう見ているのだろうか。連載第3回では北島さんが萩野を語った。

パンパシフィック選手権「アスリートホスト」の北島康介さん【写真:荒川祐史】
パンパシフィック選手権「アスリートホスト」の北島康介さん【写真:荒川祐史】

北島さんが日本のエース萩野のすごさを語った

 競泳のパンパシフィック選手権(パンパシ水泳、テレビ朝日系列で中継)は8月9日に開幕する。2年後の東京五輪も見据えた真夏の国際大会は、2002年の横浜開催以来、16年ぶりの日本開催となる。

 日本チームをエースとして引っ張る存在となるのが、男子の主将を務める萩野公介(ブリヂストン)だ。リオ五輪で金銀銅のメダルをコンプリート、2年後の東京五輪でも2大会連続メダルの期待がかかる日本のエースを、大会を盛り上げる「アスリートホスト」北島康介さんは、“日本のエースの先輩”として、どう見ているのだろうか。連載第3回では北島さんが萩野を語った。

 各種目の日本のトップがずらりとそろったパンパシ水泳の日本代表。そうそうたる顔ぶれがそろう中でも、やはりひと際、強い存在感を放っているのが、2年前のリオ五輪、男子400メートル個人メドレーで、世界の頂点に立った萩野だ。ライバルの瀬戸大也(ANA)、昨年の世界選手権で敗れたチェイス・カリシュ(米国)との三つ巴のバトルは、今大会でも注目の種目だろう。

 北島さんも、「萩野、瀬戸、カリシュの戦いは楽しみですよね」と期待感を隠さなかった。自身が引っ張ってきた日本競泳界を、現在けん引する萩野。同じ平井伯昌コーチに師事し、公私ともに親交が深い後輩について、改めて言及した。

「ジュニアの頃からすごい才能を持っていました。ジュニアなのにシニアのレベルで泳げるようなトレーニングをこなしていたのに驚きました。そして、今では誰もが知っているように、オールラウンダーとして日本中を沸かせている。金メダリストとして、これから次の目標へどう進んでいくかというストーリーはすごく楽しみですね」

 自身も2大会連続で2冠という歴史的な偉業を達成した北島さんにとって、一回り年下の後輩がどんな道を歩むのか、興味深い視線を送っている。

「本来なら、金メダルに向かって何をするか、というストーリーなんですけど、彼の場合は勝っても負けても金メダリストだし、オリンピックからオリンピックにつながる橋を、どう渡って行くのかというのは僕も楽しみです。僕も同様の経験をしています。そういう経験をしている人間があまりいないから、どうしても僕と比べられてしまうこともありますが、彼は彼のストーリーをもって、今年のパンパシに臨んでほしいと思っています。今年で終わりではない彼のストーリーが、ずっと続いていく。それを楽しみにしています」

「勝っても負けても金メダリスト」――。北島さんがこう言うように、オリンピックの金メダリストはやはり特別な存在だ。頂点に上り詰めたものにしかわからないプレッシャーがある。オリンピックという全国民が、世界中が注目する中で表彰台の頂点に上がった人間は、その事実とどう向き合うのだろうか。

「プレッシャーと向き合うというか、金メダルと向き合うというか……、それよりもどう水泳と向き合うのかが大事。金メダリストのプライドなんて、メダルを取ってしまった時点で、過去のもの。それを引きずって、水泳に取り組んでも面白くないなと自分は思いました。チャンスを自分からではなくて、他からもらうことによって、自分がもう1回奮起して金メダルを目指そうと思える瞬間があったりします。自分自身では乗り越えられないような壁がたちはだかった時、自分が水泳と真摯に向き合っていれば、何かのきっかけに気づくことができ、あとは自分で頑張る。どう向き合うかというよりは、僕はそういう経験があって、より強くなれたと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集