[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯でも活躍、世界的名手の原点にある共通点 並外れた“サッカー愛”が輝かせた才能

ラウールが人生初の代理人に言った言葉

 スペインの英雄的ゴールゲッターであるラウールの場合、いささか狂気を孕んでいた。日本で言う中学時代、練習後に毎回、コーチに執拗に頼み込み、個別練習でシュートトレーニングを欠かさなかった。また、サッカーを観察することにも熱心で、週末には朝から晩まであらゆる試合をはしごした。そこで得たものを練習で試し、自分流にアレンジしていった。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

「俺があんたを金持ちにしてやるよ」

 日本で言う高校生時代、初めてついた代理人にラウールは言ったという。そこまでの自信を積み上げ、野心を膨らませていたのだ。

 メッシもプロサッカー選手として活躍するために、どんな犠牲でも払った。13歳にして、アルゼンチンの故郷からスペイン・バルセロナに渡り、毎日のトレーニング後、成長促進剤を自ら注射する(成長ホルモンの分泌異常の症状があり、ホルモン剤を注入しないと、体が極端に小さいままだった)という過酷な日々を過ごしているが……。

「プロサッカー選手になるためだったら、なんてことはない」

 メッシは平然と言ってのけていた。

 プロで生き抜くには、タフな精神が必要である。少年時代から、常に「サッカー選手として選ばれる者にふさわしいか」を試される。たとえ試練を乗り越えても、次の試練から逃げたら、そこで脱落する――。生き馬の目を抜く世界だ。

(小宮 良之 / Yoshiyuki Komiya)

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集