[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

W杯でも活躍、世界的名手の原点にある共通点 並外れた“サッカー愛”が輝かせた才能

少年時代のC.ロナウドが胸に抱いた決意

 幼い頃からサッカーに接するという点では、例えば兄がサッカーをしていることは、弟にとっては大きなアドバンテージになるだろう。「ルーツ」でも、トッティ、デル・ピエロ、フアン・カルロス・バレロンなど多くが兄の影響を受けていた。クラブに入る前の段階、道端レベルでのサッカーだが、兄について4、5歳で年上に混ざることで、自然と技術を磨けたのだろう。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 他にシャビ・アロンソ、シャビ・エルナンデス、リオネル・メッシなども兄の影響を受けている。こうした例は枚挙にいとまがない。プロサッカー選手を網羅した時、兄よりも弟のほうが多いことは事実だ。

 しかし、今はストリートサッカーの影響は限定的だろう。兄がいることがプロで成功する絶対条件では決してないし、兄でトップレベルの選手もいないわけではない。一人っ子だっている。

 結局は、本人次第だ。

 例えば、クリスティアーノ・ロナウドは兄を薬物依存症で亡くし、父親もアルコール依存症で亡くしている。学校が終わり、道端でボールを蹴っていたが、日が暮れて友人たちは家に帰っていってしまい、ロナウドもおんぼろ小屋に戻るのだが、家に明かりは灯っていない。坂道で一人ぼっちのままボールを蹴っていたという。坂だけに、蹴ったらボールは転がって戻ってきた。

「自分がサッカーで世界一になって、家族を一つにする」

 少年だったが、彼はすでにそう決意していた。サッカーだけは誰にも負けられなかった。だからこそ試合に負けると、半狂乱になって泣いて手が付けられなかったという。その激しい気性は、一般的な道徳観に当てはめたら好ましくないのだが、尋常ならざるサッカーへの熱さがあったからこそ、彼は突き抜けられたのかもしれない。

 サッカーが好き。

 繰り返すが、ボールを蹴って大成するには、それが肝になる。それよりも楽しいものを見つけてしまった者は、脱落するしかない。プロになる道は、甘くはないのだ。

1 2 3

小宮 良之

1972年生まれ。大学卒業後にスペインのバルセロナに渡り、スポーツライターに。トリノ五輪、ドイツW杯を現地取材後、2006年から日本に拠点を移す。アスリートと心を通わすインタビューに定評があり、『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など多くの著書がある。2018年に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家としてもデビュー。少年少女の熱い生き方を描き、重松清氏の賞賛を受けた。2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を上梓。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集