[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

絶望的な大怪我から7年 「引退も覚悟した」今季、36歳バスケ選手が悲願のB1に初挑戦

7シーズン目を迎えるバスケットボールBリーグで、初めてB1へ昇格するファイティングイーグルス名古屋(FE名古屋)が、7月15日に始動した。そのなかでひと際、感無量で新シーズンに臨んでいるのがPGの宮崎恭行だ。前身の豊通ファイティングイーグルス時代から在籍17シーズン目となる36歳は、選手生命が危ぶまれる大怪我をし、リハビリをしながらBリーグ誕生を迎えた経験を持つ。絶望しても、泣いても、あきらめず、ついにB1の舞台で戦う権利を手に入れた。

「ここは家と同じくらい落ち着く」と練習用のコートで話すFE名古屋の宮崎恭行【写真:松本行弘】
「ここは家と同じくらい落ち着く」と練習用のコートで話すFE名古屋の宮崎恭行【写真:松本行弘】

FE名古屋で在籍17シーズン、ベテラン宮崎恭行が初めて立つB1のコート

 7シーズン目を迎えるバスケットボールBリーグで、初めてB1へ昇格するファイティングイーグルス名古屋(FE名古屋)が、7月15日に始動した。そのなかでひと際、感無量で新シーズンに臨んでいるのがPGの宮崎恭行だ。前身の豊通ファイティングイーグルス時代から在籍17シーズン目となる36歳は、選手生命が危ぶまれる大怪我をし、リハビリをしながらBリーグ誕生を迎えた経験を持つ。絶望しても、泣いても、あきらめず、ついにB1の舞台で戦う権利を手に入れた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「そこに触れられると泣いちゃうかもしれない……」。明るいムードメーカーの宮崎キャプテンが涙をこらえた。昇格を決めた今年5月のB2プレーオフ準決勝の第2戦、試合後の会見で怪我を克服した感想を聞かれた時だ。約1か月半後、改めてインタビューした時にも「マジで泣いちゃいます。怪我のことを思い出すと」と話す。それだけ絶望の淵にいた。

 2015年11月の試合中だった。シュートでジャンプした時に空中でぶつかってバランスを崩し、着地で左膝を捻った。

「なんかプチっと音がしたんで前十字(靭帯)が切れたかなっていう感じだった」

 しかし、想像を超える重い症状だった。前十字靭帯断裂だけでなく、半月板損傷、内側側副靭帯損傷などいくつもの症状名の中にあった「膝蓋腱断裂」。膝の専門医から「国内でスポーツ選手がこの怪我から復帰した事例はない」と説明を受けた。

「交通事故とかで挟まれないと切れないような靭帯だそうで、着地でホントに一点に負荷がかかったんだと思います。手術の前に、症例数が10数件と聞いて、この病院でかぁと軽い気持ちだったら、国内でそれだけと知ってヤバいんだなって分かった」

 怪我をしたタイミングも痛かった。翌シーズンからBリーグが始まることが決まっていた。当時29歳。出身地の三重県鈴鹿市のミニバスケット、中学で活躍し、バスケット部の強化を始めた名古屋大谷高校へ進んで1年の全国大会で手応えをつかみ、実業団チームに入った。bjリーグのトライアウトを受けたこともあり、「バスケットだけの環境に身を置いてみたい」とプロ志向もあった。ガードを探していた豊通ファイティングイーグルスに誘われて2006年に入団。国内の2部にあたるJBL2で3度のMVPを獲得し、選手として最も輝けそうな年齢でBリーグを迎えられるはずだった。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集