[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、思い出のマイアミで復活の兆し 野次に涙したBNPパリバOP後に相談した人

女子テニスの大坂なおみ(フリー)が、約14か月ぶりに決勝の舞台に戻ってきた。4月2日に米フロリダ州マイアミで行われたマスターズのマイアミ・オープン女子シングルス決勝では、新たに世界ランキング1位となるイガ・シフィオンテク(ポーランド)にストローク戦で圧倒され、4-6、0-6のストレートで敗れた。昨年の全豪オープン以来となるツアー通算8勝目はならなかったが、大坂は「ポジティブな要素がたくさんあった」。穏やかな表情で約10日間の戦いに手応えを示した。(取材・文=岡田 弘太郎)

マイアミ・オープンに出場した大坂なおみ【写真:AP】
マイアミ・オープンに出場した大坂なおみ【写真:AP】

14か月ぶりに決勝進出、約10日間の戦いに手応え

 女子テニスの大坂なおみ(フリー)が、約14か月ぶりに決勝の舞台に戻ってきた。4月2日に米フロリダ州マイアミで行われたマスターズのマイアミ・オープン女子シングルス決勝では、新たに世界ランキング1位となるイガ・シフィオンテク(ポーランド)にストローク戦で圧倒され、4-6、0-6のストレートで敗れた。昨年の全豪オープン以来となるツアー通算8勝目はならなかったが、大坂は「ポジティブな要素がたくさんあった」。穏やかな表情で約10日間の戦いに手応えを示した。(取材・文=岡田 弘太郎)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 マイアミ・オープン1回戦から不戦勝を挟んで4試合連続ストレート勝ちで4強入りを決めた大坂にとって、31日に行われたベリンダ・ベンチッチ(スイス)との準決勝は大きなテストだった。東京五輪金メダルのベンチッチはリターンが武器で、試合前まで3連敗中で苦手意識があった。この試合も第1セットは相手のペースで落として嫌な流れ。

 だが、「第1セットを取られた後、例え負けたとしても担架で運ばれるくらいまでファイトしよう」と、集中力を保って修正する強さがあった。第2セット以降はサーブのコースや緩急を工夫して相手の動きを止めた。終わってみればWTAの1試合での今季最多となる計18本のエースを量産。強力サーブでベンチッチのリターンを封じ、劣勢を挽回。「タフな相手に勝ててとてもうれしかった」と喜びの涙を流したように、自信をつかんだ一戦だった。

 ダニエル・コリンズ(米国)との準々決勝でも計13本のエースを決めるなど、今大会はサーブが好調だった。その要因として大坂は「コーチと一緒にサーブの練習に取り組んできた」ことを挙げる。「以前は足をそろえて打っていなかったけど、コーチからはバランスを取って足をそろえるように教わってきた」。そして、お手本にしたのが男子シングルスで時速200キロを超える高速サーブを武器とするニック・キリオス(オーストラリア)だった。

「ロサンゼルスでニックと練習したときに、彼が片足をスライドさせてから両足をそろえる打ち方をしているのを見た。それがサーブに爆発力を加えていた。そのテクニックを習得しようと練習してきた。以前よりいいリズムでサーブを打てるようになったと感じている」。今大会は精度が増したサーブで主導権を握る展開が多く、大坂が描く「リターンゲームでアグレッシブにプレーする」というスタイルにうまくはまっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集