[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

Jリーガー大津祐樹、中学時代にスクールで技術習得 本気の恩師と「対峙して学んだ」

サッカー少年たちの多くは所属チームとは別に、技術を磨くためにスクールに通う。malvaもそんなスクールの一つだ。中学生の頃に地元で有名だったmalvaに通い始めた大津祐樹は、プロになってからも時間があるとmalvaの練習に参加した。そして2015年に『大津祐樹×酒井宏樹サッカースクール powered by malva』を立ち上げた。大津がmalvaで学んだものとは何だったのだろうか。(取材・文=藤井雅彦)

現在、ジュビロ磐田でプレーする大津祐樹もmalvaに通い技術を磨いていた【写真:Getty Images】
現在、ジュビロ磐田でプレーする大津祐樹もmalvaに通い技術を磨いていた【写真:Getty Images】

malvaで最もうれしかったことは「実力も、年齢も上の人間が“本気”で戦ってくれる」

 サッカー少年たちの多くは所属チームとは別に、技術を磨くためにスクールに通う。malvaもそんなスクールの一つだ。中学生の頃に地元で有名だったmalvaに通い始めた大津祐樹は、プロになってからも時間があるとmalvaの練習に参加した。そして2015年に『大津祐樹×酒井宏樹サッカースクール powered by malva』を立ち上げた。大津がmalvaで学んだものとは何だったのだろうか。(取材・文=藤井雅彦)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

「祐樹は小さな頃からエクセレントでした」

 malvaサッカースクールで代表を務める浅野智久氏が懐かしそうに、そう回想する。“祐樹”とは現在、ジュビロ磐田でプレーする大津祐樹のことだ。

 2008年に柏レイソルでプロキャリアをスタートさせ、2011年夏からは海を渡ってドイツのボルシアMGやオランダのVVVフェンローでプレー。2012年に行われたロンドン五輪ではチームトップの3ゴールを挙げ、日本のベスト4進出に大きく貢献した。

 2015年に古巣の柏に復帰すると、2018年から横浜F・マリノスに加入し、2019年には15年ぶりとなるリーグ制覇の立役者に。そして2021年からは磐田へ籍を移し、常に第一線を走り続けるアタッカーだ。

 その選手が中学、高校時代に所属チームとは別に研鑚を積んだのがmalvaであり、師と仰いでいた男が浅野である。31歳となってますます円熟味を増した大津だが、当時の記憶は全く色褪せることがない。

「浅野さんはめちゃくちゃ負けず嫌いです。自分も負けず嫌いだったので、何度も何度も立ち向かって1対1を仕掛けました。勝てないことのほうが多かったですけど、たまに抜けると飛び上がるくらいうれしくて。そうしたら本気でやっていた浅野さんがもっと本気になって、またバチバチやり合う(笑)」

 自分より実力も、年齢も上の人間が“本気”で戦ってくれる。それがたまらなくうれしかった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集