[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太に「勝機」はある “最強王者”ゴロフキン戦へ、下馬評を覆す条件とは

ボクシングの元WBC世界ライトフライ級チャンピオンである木村悠氏が、ボクサー視点から競技の魅力や奥深さを伝える新連載。3回目となる今回は、12月の開催が正式決定した村田諒太とゲンナジー・ゴロフキンの一戦について、ビッグマッチに臨む選手の心理状態や、村田が下馬評を覆す可能性について元世界王者の視点から分析した。

都内で会見に出席した村田諒太【写真:荒川祐史】
都内で会見に出席した村田諒太【写真:荒川祐史】

連載「元世界王者のボクシング解体新書」: 筆者も経験した「勝算はありますか?」への率直な思い

 ボクシングの元WBC世界ライトフライ級チャンピオンである木村悠氏が、ボクサー視点から競技の魅力や奥深さを伝える新連載。3回目となる今回は、12月の開催が正式決定した村田諒太とゲンナジー・ゴロフキンの一戦について、ビッグマッチに臨む選手の心理状態や、村田が下馬評を覆す可能性について元世界王者の視点から分析した。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

   ◇   ◇   ◇

 日本ボクシング史上最大のビッグマッチとして注目される、WBA&IBF世界ミドル級王座統一戦。WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(35歳/帝拳)と、IBF同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(39歳/カザフスタン)による試合が12月29日に行われることが決まった。

 ゴロフキンは村田が対戦した中で一番のビッグネームだ。戦績は43戦41勝(36KO)1敗1分の戦績を誇り、一撃で試合を終わらせる強打が武器だ。これまでWBA、WBC、IBFの3つのベルトを獲得し、防衛記録は19回を誇る。対する村田は、ロンドン五輪で金メダルを獲得しプロデビュー。18戦16勝(13KO)2敗の戦績で、WBA世界ミドル級タイトルを2度獲得している。戦績や過去の実績を鑑み、勝敗予想ではゴロフキンが優勢だ。

 12日に行われた会見後の囲み取材時に、「勝算はありますか?」と記者から問われた村田は、「勝算があるかって言われると、『勝てねぇだろ』って言われている気持ちになるわけですよ。勝てないという気持ちでリングに上がらない。じゃあ勝つのかって言われた時に、それは神様しか知らない。ただ、勝てないというマインドはないということです」と答えている。

 筆者も同じような経験がある。2015年に初の世界挑戦が決まった時だ。

 当時、私は日本タイトルを3度防衛していたが、海外ではまったくと言っていいほど無名だった。対戦相手はメキシコのペドロ・ゲバラ。2度の防衛に成功しており、元3階級王者の八重樫東氏をKOで下している強敵だった。試合時に発表されたオッズでは、「11:1」という勝率で圧倒的に不利な状況であった。

 試合が決まった当初に記者の方から「勝算はありますか?」と質問され、村田と同じような気持ちになった。リングの上では過去の実績はあてにならない。特に世界戦の舞台では、挑戦者は過去最高のベストに仕上げてくる。名のある王者を倒せば人生が180度変わるからだ。試合へのモチベーションは王者以上に高く、実力以上の力を発揮できる。ゆえに王者が少しでも油断すれば、いつでも形勢が変わるのが世界戦だ。

 今回の一戦は、村田にとって待ち焦がれた試合だ。世界王者になること以上にモチベーションは高いはずだ。2年ぶりの試合となる村田が、120%の実力を出せば十分に勝てるチャンスはあるだろう。

1 2

木村 悠

1983年生まれ。大学卒業後の2006年にプロデビューし、商社に勤めながら戦う異色の「商社マンボクサー」として注目を集める。2014年に日本ライトフライ級王座を獲得すると、2015年11月には世界初挑戦で第35代WBC世界ライトフライ級チャンピオンとなった。2016年の現役引退後は、株式会社ReStartを設立。解説やコラム執筆、講演活動、社員研修、ダイエット事業など多方面で活躍。2019年から『オンラインジム』をオープンすると、2021年7月には初の著書『ザ・ラストダイエット』(集英社)を上梓した。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集