[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「あっ、手が出た」 日本代表GK対談、西川周作の1本のセーブに楢﨑正剛が感じた変化

スポーツチャンネル「DAZN」とパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で、元日本代表GKとして活躍した楢﨑正剛氏は9月の「月間ベストセーブ」に浦和レッズのGK西川周作のプレーを選出。楢﨑氏が選んだ「チームを勝利に導いた」プレーとは、どんなプレーだろうか。日本代表でもともに戦った二人の話題は、西川選手の細かい変化に及んだ。(取材・構成=藤井 雅彦)

浦和レッズのGK西川周作【写真:Getty Images】
浦和レッズのGK西川周作【写真:Getty Images】

「DAZN月間表彰」9月のベストセーブは今季J1・500試合出場を達成した西川周作

 スポーツチャンネル「DAZN」とパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で、元日本代表GKとして活躍した楢﨑正剛氏は9月の「月間ベストセーブ」に浦和レッズのGK西川周作のプレーを選出。楢﨑氏が選んだ「チームを勝利に導いた」プレーとは、どんなプレーだろうか。日本代表でもともに戦った二人の話題は、西川選手の細かい変化に及んだ。(取材・構成=藤井 雅彦)

 ◇ ◇ ◇

楢﨑「周作、久しぶり! 練習や試合で忙しいなか、今日はありがとう。よろしくお願いします」

西川「ナラさん、お久しぶりです。よろしくお願いします! 今回は僕のプレーを『月間ベストセーブ』に選んでいただいてありがとうございます」

楢﨑「周作がずっと良いプレーをしていたのを知っていたから、早く選ばないといけないなと思っていたんだよ(笑)」

西川「本当にうれしいです。子どもの頃から憧れだったナラさんと対談できるということで楽しみにしていました」

――今回、楢﨑さんが9月の「月間ベストセーブ」に選んだのは、第28節横浜FC戦の前半16分でのプレーです。横浜FCの高木友也選手が左サイドをドリブルで駆け上がってそのまま放った強烈な左足シュートを、西川選手が左手の指先で触れて阻止しました。

楢﨑「選出理由は基本的にいつも変わらず、『チームを勝利に導いた』ということが大前提です。それにプラスして技術やメンタルを含めた総合的な判断で僕はこのシーンを選びました。この試合は序盤にも良いセーブがあって、2-0の勝利に導く活躍でしたね」

西川「この試合の前の週に(JリーグYBC)ルヴァンカップ準々決勝があったんですけど、僕はその2試合には出場しなかったんです。今、浦和レッズのGK陣は高いレベルでの競争があります。若い鈴木(彩艶)選手とベテランの塩田(仁史)選手と切磋琢磨しながらポジションを争っています。自分に出番が来て出場したからには絶対に失点ゼロで終えること、そしてチームを勝利に導くプレーを強く意識しています」

楢﨑「GKとしての原点はやっぱりそこだよね。このシーンについて細かいことを言うとすれば、ちょっと前の周作はこういったシュートに対して足で反応するイメージがあった。上を狙われていたら手が出るだろうけど、低い弾道のシュートに『あっ、手が出た』と思ったんだよね」

西川「ありがとうございます。確かに少し前の自分の構え方だったら、手ではなく足が出ていたと思います」

楢﨑「ん? 構え方を変えたの?」

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集