[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

話題の「プールがない国」の競泳選手が体験した五輪「僕が故郷で最後の水泳選手に」

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。外部との接触を遮断するバブル方式が敷かれた異例の五輪。制限がある中で、競技会場や選手村で印象に残った実際の日本の姿とは何か。

「競泳用プールがない国」からやってきたエドガーリチャードソン・イロ【写真:ソロモン選手団提供】
「競泳用プールがない国」からやってきたエドガーリチャードソン・イロ【写真:ソロモン選手団提供】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#55

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。外部との接触を遮断するバブル方式が敷かれた異例の五輪。制限がある中で、競技会場や選手村で印象に残った実際の日本の姿とは何か。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ソロモン諸島代表の3選手が「日本滞在記」を寄せた。初回は「競技用プールのない国」から参戦して話題となった競泳のエドガーリチャードソン・イロ選手。7月27日、男子100メートル自由形予選に出場し、組7着の最下位だったものの、大きな感動を与えた20歳は日本にどんな「ミカタ」を持ったのか。(構成=THE ANSWER編集部)

 ◇ ◇ ◇

 日本のみなさん、こんにちは! 私はエドガーリチャードソン・イロです。応援ありがとうございました。

 一生懸命泳ぎましたが、自分が目標としていたタイムには届かなかったです。来日してからいろんなプレッシャーがあるなど、自分がコントロールできなかったのが原因だったと思います。競技が終わった後は他の競泳の種目を見に行ったり、時間があるときはゲームをしたり、リラックスしています。日本を離れた後はソロモンには戻らず、タイに練習に行く予定です。

 私のことが日本のメディアで取り上げられ、テレビでも放送されたと聞きました。自分は知らなかったですけど、滞在中、いろんな人から声をかけてもらい、ファンになっていただいてすごくうれしいです。オリンピアンになってメディアに取り上げられたことで、ソロモンや日本の方から声援を受けることができ、私は幸せです。

 来日は2回目です。1回目は沖縄にトレーニングキャンプに行きました。日本の印象は施設もすごくきれいだし、人も優しいですね。選手村もすべてが快適です。コロナで交流ができない、外にも行けないというのが残念です。

 選手村の食事もいろんな食べ物があって楽しみました。ソロモンに帰ったらワンパターンの食べ物しかないです。私の田舎では芋や魚、あとはプディというキャッサバですね。そういう食べ物しかありません。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集