[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、米国も待ち望む再上陸 勝負の2018年に「モンスター」に課せられた使命

世界のボクシングファンから注目を集めるWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)にとって、2017年は収穫の多い年になった。9月に待望の米国デビューを果たし、アントニオ・ニエベス(米国)に6回TKO勝ち。東洋の“The Monster”がついにベールを脱ぎ、米国再上陸も望まれている。12月30日に横浜文化体育館で行われるヨアン・ボワイヨ(フランス)との7度目の防衛戦をクリアすれば、再び米国行きの話が具体化しそうだ。

年末に7度目の防衛戦決定、来年2月に開催される「Superfly2」への参戦の行方は…

 世界のボクシングファンから注目を集めるWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)にとって、2017年は収穫の多い年になった。9月に待望の米国デビューを果たし、アントニオ・ニエベス(米国)に6回TKO勝ち。東洋の“The Monster”がついにベールを脱ぎ、米国再上陸も望まれている。12月30日に横浜文化体育館で行われるヨアン・ボワイヨ(フランス)との7度目の防衛戦をクリアすれば、再び米国行きの話が具体化しそうだ。

 タイミング良く、現在のスーパーフライ級には魅力的な猛者が集まっている。この階級に注目した米ケーブルテレビ局「HBO」は、昨年9月に放送して好評を博した「Superfly」のシリーズ化を計画。来年2月24日には第2弾開催を目論んでいるとされる。

「Superfly2」のメインは、4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)に連勝したWBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)とファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)の指名試合。その他、WBA同級王者カリド・ヤファイ(英国)、IBF王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)、元WBC王者カルロス・クアドラス(メキシコ)など、豪華メンバーの出場が検討されている。

 気になるのは、第1弾で強烈なインパクトを残した井上の参戦の行方だ。12月30日に試合を消化し、さらに2月下旬に間に合わせるとなれば、体調作り、プロモーションの両面で少々厳しいスケジュールを強いられる。しかし、この日程面についてHBOスポーツ部のトップエグゼクティブ、ピーター・ネルソン氏に聞くと、”心配していない“という論調だった。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集