[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ? 新型コロナ禍でスーパーから小麦粉が消えた… 米国の外出禁止生活のリアル

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)。感染拡大中の米国に在住する「THE ANSWER」編集部の記者が、コロナ禍の現地の実情をレポート。そこには、規制の中でも楽しむことを忘れない米国の人々の姿があった。

首都ワシントンのスーパーでは、小麦粉の棚が空に【写真:土屋一平】
首都ワシントンのスーパーでは、小麦粉の棚が空に【写真:土屋一平】

行動が規制される中でできることを楽しむ米国、現地在住記者がレポート

 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)。感染拡大中の米国に在住する「THE ANSWER」編集部の記者が、コロナ禍の現地の実情をレポート。そこには、規制の中でも楽しむことを忘れない米国の人々の姿があった。

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 多くの州で、外出禁止令に当たる「Stay at home order」が出された米国。私の住むバージニア州では、10日(日本時間11日)時点で新型コロナの感染確認者数が4000人を超え、死者も100人を上回っている。その数字は毎日のように大幅に増え、収束の見通しどころか、ピークさえ迎えていない様子だ。

 八村塁が所属し、ワシントンに本拠地を置く米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズは、3月11日にNBAの延期が決まってから活動を休止中。会場で取材していたコーチや選手たちも、今はSNS上でその姿を眺めるだけだ。

 NBAをはじめ、スポーツなどほぼ全てのイベントが中止となり、学校も休校。飲食店はテイクアウトのみか、臨時休業。その煽りを受けて職を失う人も増えており、大きな問題となっている。

 バージニア州では外出禁止令により、薬局で薬を買ったり、必要な食糧をスーパーマーケットで調達したり、エクササイズのためにウォーキングやランニングをしたりといった必要最低限以外の外出は認められていない。

 自宅からリモートワークをする人も増え、家で過ごす時間が増えた今、米国ではスーパーから小麦粉が消えた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集