[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「天才」の阿部一二三は「天才肌じゃない」 強豪校出身じゃなくても世界で勝てたワケ

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。柔道では、活躍した選手の恩師の育成法をクローズアップした短期連載を掲載。第2回は男子66キロ級で金メダルを獲得した阿部一二三(パーク24)。妹の女子52キロ級・阿部詩(日体大)と柔道史上初の兄妹同日金メダル獲得した一二三は高校時代、強豪校ではなく、地元・兵庫の神港学園に進学。中学チャンピオンになっていた逸材を、恩師の信川厚氏(神港学園柔道部総監督)は“阿部シフト”と呼ばれる特別メニューで、世界に通用する選手に育て上げた。(取材・文=THE ANSWER編集部)

恩師の信川厚氏が語る阿部一二三とは【写真:AP】
恩師の信川厚氏が語る阿部一二三とは【写真:AP】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#19

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。柔道では、活躍した選手の恩師の育成法をクローズアップした短期連載を掲載。第2回は男子66キロ級で金メダルを獲得した阿部一二三(パーク24)。妹の女子52キロ級・阿部詩(日体大)と柔道史上初の兄妹同日金メダル獲得した一二三は高校時代、強豪校ではなく、地元・兵庫の神港学園に進学。中学チャンピオンになっていた逸材を、恩師の信川厚氏(神港学園柔道部総監督)は“阿部シフト”と呼ばれる特別メニューで、世界に通用する選手に育て上げた。(取材・文=THE ANSWER編集部)

 ◇ ◇ ◇

 一二三との出会いは彼が小学校5年生のとき。その頃から練習生のような形で神港学園で稽古を始めていた。

 中学に入ると、ほぼ毎日、神港学園で練習。信川氏は「指導というか、本人が投げて一本取りたいと言っているもので、きちっと2つの手を組ませて、そこで打ち込みとか基本的なことをやらせた。本当、基本的なことばっかりだったんですけどね」と振り返る。

 一二三の理想は五輪3連覇の野村忠宏氏。しっかりと持って投げる、まさに日本柔道のお手本のような存在だった。信川氏が注目したのは、一二三の体幹の強さ。

「ほかの同じ年代の子よりすごく体幹が強かった。そこが一番すごいなと思ったところ。技に入ってから崩れない。潰れちゃわない。潰れないで担ぎ上げて最後まで投げる体勢を作れる。そういうところが、並外れているところがあった」

 子どものころから消防士の父・浩二さん考案の独自メニュー、“消防士トレ”で鍛錬。公園でメディシンボールや野球ボールを使うなど、腹筋も異なる角度をつけた。道場で基本の打ち込みを繰り返したのは、体幹の強さを生かす狙いがあった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集