[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「バランスの良い食事」って必要? アイツに負けない「勝てる体」が欲しいなら…

すべての高校生アスリートに通じる食事の大原則は、「バランスよく栄養を摂る」ことです。とはいえ、一言で「バランスのよい食事」といわれても、イメージをするのはなかなか難しい。そこで目安となるのが、6品を揃える食事の基本スタイルです。

「バランスの良い食事」が体の才能を伸ばす

 アスリートの体作りに欠かせないのは、トレーニングと休養、そして食事です。

 食事で摂った栄養は、体のなかで分解され、筋肉や血液、骨、腱や靭帯、ホルモンなどの材料になります。つまり食事は、体作りやスタミナアップの基礎。栄養が十分であれば練習の成果も出ますが、不足すればいくら練習トレーニングを重ねても、体の材料が不足し、筋肉も力もついていきません。

 さて、すべての高校生アスリートに通じる食事の大原則は、「バランスよく栄養を摂る」ことです。とはいえ、一言で「バランスのよい食事」といわれても、イメージをするのはなかなか難しい。そこで目安となるのが、6品を揃える食事の基本スタイル。毎食、「主食」「主菜」「副菜(副菜2品、または副菜1品と汁物)」「牛乳・乳製品」「果物」を揃えると、自然と栄養バランスが整います。

 成長期にある高校生は、必要な栄養素を過不足なく摂ることが、体作りに直結します。プロテインなど特定の栄養素だけを摂取するのではなく、まずはバランスのよい食習慣を心掛けることが大切。何をどれだけ、どんなタイミングで摂ればよいのかを知り、「強い体」「勝てる体」を手に入れましょう。

【絵でみる食事の基本スタイル】

 自然と栄養バランスが整いやすい献立の基本がこちら。毎食、なるべく揃うように心がけ、食事で摂れなかった分は間食で摂るように心がけましょう。

(1)主食…ご飯、パン、麺など、脳や体のエネルギー源となる糖質が豊富。

(2)主菜…肉、魚、卵、大豆製品を使ったメインのおかず。筋肉や靭帯などの組織や血液の材料となる、タンパク質の供給源。

(3)副菜…野菜、いも、きのこ、海藻などを使ったおかずと汁物。様々な栄養素の吸収を助け、体の調子を整えるビタミン、ミネラルを多く含む。

(4)牛乳・乳製品…牛乳、ヨーグルト、チーズなど。タンパク質と強い骨作りに役立つカルシウムが豊富。

(5)果物…糖質のほかビタミン、ミネラルが豊富。

時間のないときは栄養補助食品などを活用しよう

 時間のないときはすべて手作り食にこだわらず、主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物のいずれかに市販の野菜ジュース、シリアル、栄養補助食品などを活用しよう。

(情報提供:大塚製薬)

(THE ANSWER編集部)