[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「超越」目指す大津、インハイ8強敗退 攻守の軸が悔やむ、近くて遠い「あと一歩」

全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は28日に準々決勝を行い、大津(熊本)は0-1で昌平(埼玉)に敗れた。前半に相手のFKをクリアしきれずにオウンゴール。後半は大津が猛攻を見せたが、スコアは動かなかった。山城朋大監督は「あと一歩でしたね。でも、そこは甘かったかなと思います。相手は私たちより1試合多く戦ってきている。いつもの調子ではないなと感じましたが、それでも粘り強く守って来た相手が一枚上でした」と悔しがった。

シュートを外して悔しがる大津の191センチ長身FW小林俊瑛【写真:平野貴也】
シュートを外して悔しがる大津の191センチ長身FW小林俊瑛【写真:平野貴也】

全国高校総体サッカー男子、大津が準々決勝で昌平に0-1惜敗

 全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は28日に準々決勝を行い、大津(熊本)は0-1で昌平(埼玉)に敗れた。前半に相手のFKをクリアしきれずにオウンゴール。後半は大津が猛攻を見せたが、スコアは動かなかった。山城朋大監督は「あと一歩でしたね。でも、そこは甘かったかなと思います。相手は私たちより1試合多く戦ってきている。いつもの調子ではないなと感じましたが、それでも粘り強く守って来た相手が一枚上でした」と悔しがった。

 前半は、守備に重点を置いて失点をせずに折り返すプラン。相手にボールを支配されても、中央を固めてサイドに追いやり、選択肢を狭めた。思わぬ形で失点を喫したが、以降はサイド攻撃で反撃を仕掛けた。前半30分には左からのクロスを191センチの長身FW小林俊瑛(3年)がヘディングシュートを放ったが、相手GKに弾かれた。

 後半も小林の高さを生かして、ゴール前にボールを集めていく。クロスボール、セットプレーで何度も相手ゴール前をボールが横断する展開になったが、1点が遠かった。後半13分の小林のヘディングシュートは枠の外。2分後にはU-17日本代表DF碇明日麻(2年)がヘディングシュートを放ったが、相手GKにキャッチされた。後半アディショナルタイムには、コーナーキックのこぼれ球からMF浅野力愛(3年)がミドルシュートを打ったが、クロスバーに嫌われた。攻めても攻めても入らない。合計12本のシュートを記録したが、得点は生まれず。山城監督は「あそこで決めきれるかどうかが、小林がプロに行くかどうか、あるいは碇が(プロや強豪)大学に行くかどうかという部分」と詰めの甘さを指摘した。

 決めていれば……という思いが一番強かったのは、決して多くはないが、この試合で最も多い3本のシュートを放った小林だ。U-19日本代表でもある小林の存在は、確実に効いていた。小林の高さを警戒した昌平は、後方に人数を割いたために攻撃へ移っても厚みを作り出せず、大津が奪い返して攻撃を繰り返す流れになっていた。縦のロングボールにも、サイドからのクロスボールにも、しっかりと競ってゴール前にボールを供給することはできていた。しかし、エースであり、主将でもある。「良いプレー」では満足せず、自分のプレーで勝たせたかったという思いが、小林の表情ににじみ出ていた。

「悔しさが残る試合。課題の決定力が、改善し切れなかった。もう一度見直さないといけない。クロスは(味方が)自分を狙ってきているので、絶対に決めないといけないと思ってずっとやっていましたが、決められないまま終わってしまった。クロスの入り方で合わせられてはいたけど、打つコースや威力が足りなかったと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集