[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名門・帝京、青森山田を破り15年ぶり全国16強 殊勲の主将「これが下から這い出た力」

徳島県で開催されている全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は25日に2回戦を行い、帝京(東京)が2-1で前回王者の青森山田(青森)を破って3回戦進出を決めた。主将を務めるMF伊藤聡太(3年)は、価値ある逆転の決勝ゴールを決め「1本、2本と決定的なチャンスを外していたので、これで許してくれという感じ。決めた瞬間は、やってやったぞ、これが下から這い出てきた奴の力だ、という気持ちだった」と笑顔を見せた。

決勝ゴールを決めて歓喜を爆発させた帝京の主将MF伊藤聡太【写真:平野貴也】
決勝ゴールを決めて歓喜を爆発させた帝京の主将MF伊藤聡太【写真:平野貴也】

全国高校総体サッカー男子、後半2ゴールの帝京が前回王者の青森山田に2-1勝利

 徳島県で開催されている全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は25日に2回戦を行い、帝京(東京)が2-1で前回王者の青森山田(青森)を破って3回戦進出を決めた。主将を務めるMF伊藤聡太(3年)は、価値ある逆転の決勝ゴールを決め「1本、2本と決定的なチャンスを外していたので、これで許してくれという感じ。決めた瞬間は、やってやったぞ、これが下から這い出てきた奴の力だ、という気持ちだった」と笑顔を見せた。

 帝京と言えば、高校サッカー界で知らない人はいないほどの名門校。冬の全国高校選手権では国見(長崎)と並んで最多6度の優勝回数を誇る。ただし、現在は全国の上位争いから長らく遠ざかっており、選手たちも過去の強さについては、ほとんど知らない。

 今季は、1年次から主力だった選手が大半で、年代別日本代表経験者も複数擁している注目チームで、全国屈指の選手層を誇っている。それでも、昨季まで2年連続でプリンスリーグ関東では残留争い。11年ぶりに出場した昨季のインターハイも1回戦敗退と成績を残すことはできていなかった。

 一方、青森山田は昨季3冠(インターハイ、プレミアリーグEAST、高校選手権)に輝き、現代の高校王者の印象を強めている強豪校。近年の実績で見れば、明らかに帝京は挑戦者だ。帝京を率いる日比威監督は、かつて主将として全国優勝を経験しているOBだが、試合後に「大金星でしょう。大・大金星」と話し、挑戦者としての立場を強調した。伊藤は、青森山田のネームバリューをチームメートも感じており、前日には「(勝ってTwitterの)トレンドになるぞ」と話していたとも明かした。

 試合は、前半は青森山田のペースだった。守備を重視した帝京は持ち味を発揮できずに押し込まれ、前半12分に失点。青森山田のFW小湊絆(3年)が相手の背後を取って、競り合いながらもゴール右にコントロールシュートを決めた。後半も立ち上がりは青森山田のペース。同9分にはFKを小湊が頭で合わせてゴールネットを揺らしたが、オフサイドで追加点にはならなかった。青森山田の黒田監督は「あれでガッカリし過ぎたところはあったと思う」と話したが、直後から帝京が攻勢に出て試合の流れをひっくり返した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集