[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“夏の王者”前橋育英、開始3分の失点に動じず 主将MF徳永涼「逆にラッキーだなと」

第101回全国高校サッカー選手権は2日、浦和駒場スタジアムで3回戦が行われ、第1試合では前橋育英(群馬)が昌平(埼玉)に2-1で逆転勝ちした。夏の全国高校総体(インターハイ)王者を率いる主将のMF徳永涼(3年)は、試合開始早々に先制されたことを「逆にラッキーだなという心の余裕を全員が持っていた」と冷静に振り返った。

”夏の王者”前橋育英を率いる主将のMF徳永涼。試合開始序盤の失点を「逆にラッキー」と振り返った【写真:和田秀太郎】
”夏の王者”前橋育英を率いる主将のMF徳永涼。試合開始序盤の失点を「逆にラッキー」と振り返った【写真:和田秀太郎】

優勝候補同士の対決、前橋育英が昌平に2-1で逆転勝ち

 第101回全国高校サッカー選手権は2日、浦和駒場スタジアムで3回戦が行われ、第1試合では前橋育英(群馬)が昌平(埼玉)に2-1で逆転勝ちした。夏の全国高校総体(インターハイ)王者を率いる主将のMF徳永涼(3年)は、試合開始早々に先制されたことを「逆にラッキーだなという心の余裕を全員が持っていた」と冷静に振り返った。

 試合は序盤から動いた。前半3分にルーズボールを昌平MF荒井悠汰(3年)に無人のゴールに運ばれ先制点を許した前橋育英。しかし10分後にFW山本颯太(3年)が今大会3ゴール目となる同点弾を決めて前半を折り返すと、後半10分にMF青柳龍次郎(3年)が勝ち越し点を決めた。その後は昌平の猛攻に遭うも、堅い守備を見せ、準々決勝進出を決めた。

 徳永は「タフなゲームになると予想していたんですけど、失点した後に自分たちのサッカーができたことが勝因かなと思います」と振り返り、開始3分の失点シーンについて「予想外であったとしても慌てず、すごい冷静でいられました」と落ち着いた口調で説明した。

 さらに「相手が1点取ったことで、受け身になるだろうと感じました。逆にラッキーだなという心の余裕を全員が持っていた」と続けた背番号14。「先制されたことが僕たちにとってマイナスにはならなかったです」と堂々と言い切った。

 2-1と勝ち越した後の逃げ切りについても「押し込まれた時に全員で守備をするということは経験があった。受け身にならず、全員がファイトしてくれた」と仲間を労った。優勝候補の昌平との激戦を制したが、「タフなゲームをした後は気が緩みがちなので、主将として締めていきたいなと思います」と、昨年のU-18日本代表の試合でもキャプテンマークを巻いた徳永らしいリーダーシップにあふれた発言で、4日の大津(熊本)との準々決勝に闘志を燃やした。

(THE ANSWER編集部・和田 秀太郎 / Shutaro Wada)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集