[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

屈辱の5回14失点コールド負けから5か月 同じ準決勝で日大三・小倉監督が掴んだ手応え

高校野球の春季東京都大会は23日に準決勝(スリーボンドスタジアム八王子)が行われ、日大三は5-6で今春センバツ出場の二松学舎大付にサヨナラ負け。4年ぶりの優勝を目指したが、決勝進出はならなかった。それでも5回コールド負けした秋季東京大会・準決勝から前進。名将・小倉全由監督は試合後、「甲子園に行ったチームとこれだけやれたのはチームにとってもプラス」と語った。

ベンチ前で選手たちに指導をする日大三の小倉全由監督(左)【写真:中戸川知世】
ベンチ前で選手たちに指導をする日大三の小倉全由監督(左)【写真:中戸川知世】

春季高校野球東京大会・準決勝

 高校野球の春季東京都大会は23日に準決勝(スリーボンドスタジアム八王子)が行われ、日大三は5-6で今春センバツ出場の二松学舎大付にサヨナラ負け。4年ぶりの優勝を目指したが、決勝進出はならなかった。それでも5回コールド負けした秋季東京大会・準決勝から前進。名将・小倉全由監督は試合後、「甲子園に行ったチームとこれだけやれたのはチームにとってもプラス」と語った。

 センバツ出場した強敵に一歩及ばなかった。日大三は1点を追う5回2死満塁、4番の朝倉大聖(3年)が「思い切り勝負に行った」の言葉通り、フルカウントから外角高めのボール球を仕留め、左翼席へ逆転のグランドスラム。5-2と一時は3点リードを奪った。しかし、その後は追加点を奪えず、8回に同点打、9回にサヨナラ打を浴び、逆転負けを喫した。

 小倉監督は試合後「ピッチャーがこれだけ頑張っている。もっと打てるチームにしていかないといけないですね」と課題を挙げた。最終回は捕手でスタメン出場していた川崎広翔(3年)が登板。投手陣については「今回は経験で、よく投げたと思う」と労った。

 昨年11月の東京大会準決勝では、センバツ出場した国学院久我山に3-14とまさかの5回コールド負け。夏の甲子園で2度優勝している小倉監督も試合後には「こんなの初めてですね」と衝撃を口にしていた。「投手もダメ、野手もダメ、監督もダメというゲーム。選手が悪いんじゃなく、まずは監督が一番悪い。それこそ皆でゼロからやるぞと」。ひと冬を越して選手は成長。同じ準決勝でセンバツ出場の相手に、今回は接戦に持ち込んだ。

 5か月間で成長したポイントについては「久我山さんの時は野球にならなかった。それがまず野球がやれるようになったところかな」と表現した名将。今大会は準々決勝でも強豪・東海大菅生に3-2で勝利した。「菅生さんにも勝たせてもらって、準決勝で甲子園に行ったチームとこれだけやれたのはチームにとってもプラス」と集大成の夏に向け、手応えを感じていた。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集