[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐光学園がPK戦をものにした2つの要因 鈴木監督「監督冥利。非常に頼もしかった」

第100回全国高校サッカー選手権は31日、等々力陸上競技場で2回戦が行われ、第1試合では桐光学園(神奈川)が1-1でもつれ込んだPK戦を7-6で制し、帝京大可児(岐阜)に勝利。その裏には3年生GK吉田優翔への監督、チームメイトからの信頼と、選手全員が持つPK戦への絶対的な自信があった。

笑顔を見せながら円になる桐光イレブン【写真:和田秀太郎】
笑顔を見せながら円になる桐光イレブン【写真:和田秀太郎】

PK戦で決着、桐光学園が帝京大可児を破り3回戦に進出

 第100回全国高校サッカー選手権は31日、等々力陸上競技場で2回戦が行われ、第1試合では桐光学園(神奈川)が1-1でもつれ込んだPK戦を7-6で制し、帝京大可児(岐阜)に勝利。その裏には3年生GK吉田優翔への監督、チームメイトからの信頼と、選手全員が持つPK戦への絶対的な自信があった。

 試合は1-1で決着がつかず、PK戦に突入。PK戦も両チームの全員が成功させる展開となりサドンデスに。先攻の帝京大可児が何度ゴールネットを揺らしても、桐光イレブンはプレッシャーをはねのけた。そして6-6で迎えた7人目、帝京大可児DF日置大翔(3年)のシュートをGK吉田が左に飛んでストップ。最後はMF豊田怜央(2年)が決めて、3回戦進出を決めた。主将のMF山市秀翔(3年)は「PKになった時点で負ける気がしなかった」と言い切る。

 その発言の裏にあるのが「自分たちが外しても吉田が止めてくれる」という守護神への信頼感。その言葉を聞いた吉田は「すごく嬉しいです」と素直に答えた。

 そしてもう1つが、「練習をたくさんやってきました」と鈴木勝大監督が語った通り、選手全員がPK戦に絶対的な自信を持っていたこと。「自信を持って蹴っていた姿は監督冥利。非常に頼もしかったです」と指揮官が選手を称えれば、吉田も「たくさんPKの練習をしている。とても自信があった」と重圧がなかったことを明かす。

 桐光学園にとってFW小川航基(現・横浜FC)らを擁した第94回大会の3回戦で、青森山田に敗戦(2-2/PK4-5)した時以来の選手権PK戦。試合後の会見で、雪辱を果たしたという意識はあるかと問われた鈴木監督は「ありません」ときっぱり。「そのプレッシャーを背負わせるわけにはいかない。彼らには彼らなりのPK合戦を。1年間練習させてきた。気持ち良く蹴らせることができたと思う」と語った。

 青空の下でキックオフした一戦は、途中から雪が舞うなかでPK戦にもつれ込む熱戦が繰り広げられた。3回戦は1月2日。2年連続で選手権4強の強豪、帝京長岡(新潟)と激突する。チームメイトを信じる力と、確かな自信を持つまでの練習量で難敵を打ち破る。

(THE ANSWER編集部・和田 秀太郎 / Shutaro Wada)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集