[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

Jリーグ内定ゼロの阪南大、悲願の初優勝へ王手 退任の恩師を「最後に胴上げしたい」

全日本大学サッカー選手権は18日にNACK5スタジアム大宮で準決勝を行い、第1試合は阪南大学(関西地区第4代表)が延長戦の末に2-1で流通経済大学(関東地区第1代表)を破って決勝進出を決めた。阪南大は、日本代表MF脇坂泰斗(川崎フロンターレ)ら数多のプロ選手を育ててきた名将・須佐徹太郎前監督が夏に退任後も副顧問の肩書きで指揮を執っているが、今季限りでチームを離れることが決まっているという。延長戦で決勝点を決めたDF津野ジュウリオ 心(4年/豊川高出身)は「チームの中では須佐先生を最後に胴上げしたいという話が出ている」と恩師を悲願の初優勝で送り出す意気込みを示した。

延長戦の末、阪南大学は流通経済大学を2-1で勝利を収めた【写真:平野貴也】
延長戦の末、阪南大学は流通経済大学を2-1で勝利を収めた【写真:平野貴也】

インカレ準決勝で優勝候補の流経大に2-1と勝利、5大会ぶり2回目の決勝進出

 全日本大学サッカー選手権は18日にNACK5スタジアム大宮で準決勝を行い、第1試合は阪南大学(関西地区第4代表)が延長戦の末に2-1で流通経済大学(関東地区第1代表)を破って決勝進出を決めた。阪南大は、日本代表MF脇坂泰斗(川崎フロンターレ)ら数多のプロ選手を育ててきた名将・須佐徹太郎前監督が夏に退任後も副顧問の肩書きで指揮を執っているが、今季限りでチームを離れることが決まっているという。延長戦で決勝点を決めたDF津野ジュウリオ 心(4年/豊川高出身)は「チームの中では須佐先生を最後に胴上げしたいという話が出ている」と恩師を悲願の初優勝で送り出す意気込みを示した。

 阪南大はこの試合で、粘り強く戦って勝利を手繰り寄せた。序盤は互いに単発のチャンスがあったが、次第に7人が来季J2以上のクラブに加入が内定している流経大ペースとなる。しかし、阪南大は須佐副顧問が「引かざるを得なかった。元々、仕掛けて崩すというスローガンでやっていますが、先制したところくらい。だけど、交代選手が役割を果たしてくれた」と話したように、自分たちのスタイルを発揮できない苦しい展開だったが、交代選手が次々に活躍して勝利に導いた。

 最初の交代は前半40分。相手の攻撃の起点を潰すことができずに押し込まれる展開を見て、守備の貢献度が高く、カウンターでも空中戦に強いFW福羅光希(4年/阪南大高出身)を投入。後半9分にはMF奥山洋平(4年/西大寺高出身)を投入。これが効いた。阪南大は、自陣でのボール奪取から奥山がドリブルで敵陣に運び込む場面が増え、逆襲のリズムを得た。後半26分、奥山が右サイドへドリブルで運び、右からのクロスをFW松原大芽(3年/作陽高出身)が決めて先制した。

 阪南大は、高校時代は無名の選手が多い。奥山は、高校までは強豪チームに在籍せず、勉強で進学。大学も勉強を優先して受験校を選んだが「小・中・高とサッカーを本気でできる環境を選択できなかったのが心残りにあった」と阪南大も追加。志望大学に落ち、初めて強豪チームに加わる選択をした選手だった。高校時代から注目されてきた選手が揃う流経大とは対照的だが、名将の下で素質を開花させ、日本一決定戦まで歩みを進めてきた。奥山は「僕自身、出身校も無名。この4年間、努力でその差を埋めようと日々頑張ってきた成果が今日、少し出たかなと思う」と控え目ながら自信を漂わせた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集