[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名門・静岡学園が4強 青森山田との準決勝に指揮官煙幕「100%で行って0-8かも…」

サッカー王国の雄が、圧倒的な強さを見せている青森山田を相手に「死んだふり」作戦だ。全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は19日に準々決勝を行い、静岡学園(静岡)は1-0で大津(熊本)を破って準決勝に進出した。

静岡学園の先制点をアシストした古川【写真:平野貴也】
静岡学園の先制点をアシストした古川【写真:平野貴也】

全国高校総体・サッカー男子、大津を1-0で破り4強

 サッカー王国の雄が、圧倒的な強さを見せている青森山田を相手に「死んだふり」作戦だ。全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は19日に準々決勝を行い、静岡学園(静岡)は1-0で大津(熊本)を破って準決勝に進出した。

 次の相手は、4試合で24得点と大量得点の試合を積み重ねている青森山田高校(青森)。静岡学園の川口修監督は「昨日と違うところは、対戦相手が(高校年代最高峰の)プレミアリーグでもまれているチームということで、この子たち、面白いんですけど、相手のレベルが上がるとモチベーションが上がるんです」と相手が強くなるほど力を引き出されている状況を説明したが、続けて「昨日が50%なら、今日は80%くらい(の力が出せた)。今日の方が(連戦で)疲れているのに。(青森山田と対戦する可能性がある)次は100%に上がってほしいですね。100%で行って0-8になるかもしれないけど(攻めに)行き過ぎて」とジョーク。破竹の勢いの青森山田を止める気概は、笑顔の内側に隠した。

 準々決勝は、技術を重んじる伝統を思い切り発揮した。立ち上がりは、速攻を仕掛けてくる大津に押し込まれたが、静岡学園はボールを奪っても慌てず、キープドリブルとパスワークでじっくりと前進。無理なスピードアップによるボールロストのない攻撃で、やがて試合のペースを握り返していった。そして前半34分、左MF古川陽介(3年)が相手との1対1でドリブルの切り返しを繰り返して、完全に相手をかわし、ふわりとしたセンタリングを送ると、FW持山匡佑(3年)がヘディングシュートを決めて先制に成功した。

 この1点が大きな意味を持った。前半終了間際にゴールポストをたたく際どいシュートを打たれるピンチがあったが、それを乗り越えて迎えた後半は、個々の卓越した技術でボールをキープ。リードを生かし、急がない攻撃で、焦れる相手を前にパスを回し、確実なチャンスで攻め込んだ。思うようにボールを奪えない大津は守備に走らされ、体力を消費させられ、じりじりと追い込まれた。

 試合は1-0で終了。敗れた大津は「点を取り切れなかった」というよりも「ボールを取り切れなかった」印象だった。静岡学園の川口監督は「ザ・静学みたいなサッカーで、それくらいやっていいよと。勝負はもちろん大事、リスクを負わないことも大事だけど、リスクを冒して、もっとボールをつないで、(静岡学園)らしくやろうよって。それだけです、僕の指示は」と、状況判断から意図したプレーを高い技術力で具現化し、一方的にボールを支配する攻撃スタイルを披露できた手ごたえを語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集