[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シュート4倍浴びても完封 矢板中央、3戦連続PK勝利に指揮官「1日の成長に驚いてる」

第99回全国高校サッカー選手権は3日、首都圏4会場で3回戦が行われ、等々力陸上競技場では矢板中央(栃木)が東福岡(福岡)に勝利。両軍無得点のまま突入したPK戦を3-1で制し、4年連続の8強入りを決めた。これで栃木県大会決勝から3戦連続でのPK戦勝利。試合を重ねるごとに成長する教え子たちに、高橋健二監督は「指導者として驚いている」と目を細めた。

3戦連続のPK勝利に貢献した矢板中央の藤井【写真:河合拓】
3戦連続のPK勝利に貢献した矢板中央の藤井【写真:河合拓】

第99回全国高校サッカー選手権3回戦、東福岡にPK戦で勝利

 第99回全国高校サッカー選手権は3日、首都圏4会場で3回戦が行われ、等々力陸上競技場では矢板中央(栃木)が東福岡(福岡)に勝利。両軍無得点のまま突入したPK戦を3-1で制し、4年連続の8強入りを決めた。これで栃木県大会決勝から3戦連続でのPK戦勝利。試合を重ねるごとに成長する教え子たちに、高橋健二監督は「指導者として驚いている」と目を細めた。

 耐えて、耐えて、準々決勝進出を決めた。オフェンスに定評のある東福岡に対し、矢板中央は2年生GK藤井陽登を中心とした守りで対抗。自軍のシュート4本に対し、相手からは4倍以上となる17本のシュートを浴びたが、最後まで死守した。PK戦では相手の2人目のシュートを藤井がシャットアウトするなど3-1で守り勝った。

 これで県大会決勝の宇都宮短大付戦、前日2日の徳島市立(徳島)との2回戦に続き、3戦連続でPK戦に勝利。試合後のオンライン会見で高橋監督は「攻められる時間が多くあったが、粘り強く失点ゼロで帰ってきてくれた。矢板中央らしいサッカーができた」と満足そうに語った。

「強みを分析されてやりたいサッカーができなかった」という徳島市立戦では1失点。名門・東福岡との一戦は失点ゼロが目標だった。「欲を言えばカウンター、セットプレーで得点が欲しかったが、1日でこれだけ成長するのに指導者として驚いている。今日の試合は褒めてあげたい」と選手を称えた。

 前回大会は準決勝で優勝した静岡学園(静岡)に0-1で敗戦。後半終了間際にPKを献上し、決勝進出を逃した。藤井、DF坂本、新倉、FW多田ら当時の悔しさを知るメンバーが残る今チーム。鉄壁の守備で悲願の選手権初優勝を目指す。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集