[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東福岡ヒーローは“ヘディング職人” 劇的逆転弾のDF竹内が自賛「持ってる方と思う」

第99回全国高校サッカー選手権は2日、首都圏8会場で2回戦が行われ、等々力陸上競技場では東福岡(福岡)が2-1で作陽(岡山)を下した。途中出場のDF竹内良(3年)が後半アディショナルタイムに逆転のヘディングシュートを決め、劇的勝利で3回戦進出を決めた。試合後のオンライン会見で竹内は「(自分は)持ってる方だと思います」「完璧にできた」と値千金の得点を喜んだ。

劇的決勝ゴールを決めた東福岡・竹内良【写真:河合拓】
劇的決勝ゴールを決めた東福岡・竹内良【写真:河合拓】

第99回全国高校サッカー選手権、竹内は2回戦の終了間際に決勝ゴール

 第99回全国高校サッカー選手権は2日、首都圏8会場で2回戦が行われ、等々力陸上競技場では東福岡(福岡)が2-1で作陽(岡山)を下した。途中出場のDF竹内良(3年)が後半アディショナルタイムに逆転のヘディングシュートを決め、劇的勝利で3回戦進出を決めた。試合後のオンライン会見で竹内は「(自分は)持ってる方だと思います」「完璧にできた」と値千金の得点を喜んだ。

 名門対決の決着は後半終了間際だった。1-1の同点で迎えた後半アディショナルタイム。セットプレーから味方が繋ぎ、ゴール前で待ち受けていた竹内がヘディングシュート。ボールはGKの頭上を越え、ゴールネットを揺らした。「残り少ない時間で何とか結果を残そうと思った」と会見では安堵の笑みを浮かべた。

 ヘディングには自信がある。身長181センチの背番号12はセットプレーの練習でも「百発百中くらいの感覚で入る」と胸を張る。主将のMF上田瑞季(3年)も「職人と言われているくらいのヘディングのうまさ」と認める技術だ。昨年9月のスーパープリンスリーグ九州・大分トリニータU-18戦でも1-1の後半終了間際にヘディングで決勝点を挙げており、この日のヒーローは「(自分は)持ってる方だと思います」と語った。

 絶妙なタイミングでのオーバーラップも持ち味の3年生。父・和徳さんも東福岡サッカー部OBで、現役時代は主将を務めた。後半37分から途中出場で大仕事を果たした竹内は「最後のワンプレーで決められてよかった」と勝利の余韻に浸っていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集