[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「世界最高峰の柔道家になる」 夢をかなえた井上康生が高校生へ伝えた“魂のエール”

柔道シドニー五輪金メダリストで男子日本代表の井上康生監督が23日に配信された「オンラインエール授業」に登場した。「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する企画。インターハイ中止という経験から一歩踏み出そうとする全国の柔道部員約80人を対象に授業を行い、目標へ向かって努力し続けることの大切さを説いた。

「オンラインエール授業」に登場した柔道シドニー五輪金メダリストで男子日本代表の井上康生監督
「オンラインエール授業」に登場した柔道シドニー五輪金メダリストで男子日本代表の井上康生監督

シドニー五輪100キロ級金メダリストがオンラインで“夢授業”

 柔道シドニー五輪金メダリストで男子日本代表の井上康生監督が23日に配信された「オンラインエール授業」に登場した。「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する企画。インターハイ中止という経験から一歩踏み出そうとする全国の柔道部員約80人を対象に授業を行い、目標へ向かって努力し続けることの大切さを説いた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。ボクシングの村田諒太、バドミントンの福島由紀と廣田彩花、バレーボールの大山加奈さん、サッカーの仲川輝人、佐々木則夫さんら、現役、OBのアスリートが各部活の生徒、指導者を対象に授業を行ってきた。

 第32回の講師として登場したのは、井上さん。神奈川・東海大相模高時代は、1年でインターハイ団体優勝、2年では個人優勝。全日本選手権では2001年から3連覇、世界選手権でも3度の優勝を誇る。08年に第一線を退き、12年から男子日本代表の監督を務めている。

「このプロジェクトに参加できることを楽しみにしていました。新型コロナの中で日々厳しい時間を過ごしている皆さんと、お互いが前を向いて頑張っていけるような話し合いをしたい。遠慮なく、色々なことをぶつけてほしいなと思います」

 授業の冒頭で、コロナ禍で苦しむ高校生たちと真正面から組み合う姿勢を示した。

 まず言及したのは自身の高校時代だ。「大きな夢があった。柔道家として大成したい。日本一になりたい。大学でオリンピック、世界選手権もあって、そういう場面に手に届くような状況でもあったので、世界最高峰の柔道家になりたいと、強烈に意識しながら努力をしていたなとは思います」と振り返った。

 宮崎から単身、高校で柔道留学。「世界最高峰の柔道家になる」という強い思いを柱に、厳しい練習と向き合い続けてきた。伝えたかったのは、目標を掲げることがいかに大事かということだ。

「何事もまずは目標、理想を掲げて、それを具体的にして、一つ一つクリアしていくこと。そこがぶれていると、どの方向に行っていいかわからなくなる。夢や目標は人に何を言われようが関係ない。大きいことを言って、周りに『できるのかよ』と言われても、全力で努力していくこと。それで力がつくと思っている。それぞれが夢、目標を持っていると思うが、それを信じて努力することを意識してほしいと思います」

 意志あるところに道は開ける――。柔道家・井上康生の原点に潜む言葉だ。

 質疑応答のコーナーでは生徒から次々と質問が飛んだ。「右組み手なのですが、相手が左組み手の場合、上手く中に入れません」「組み手が苦手、奥を取られたらどう対応すればいいですか」などと生徒たちが今、直面している技術的な課題に対して、井上さんは熱く、真摯に対応していった。

「どうして上手く入れないと思う?」「どんな練習をしているの?」などと一人一人に追加で質問を投げかけながら、悩みの“芯”の部分に迫り、技術的なアドバイスを授けていく。

 世界の頂点を極めた柔道家へ直接質問ができるまたとない機会に、最初は緊張気味だった高校生たちの熱量も目に見えて上がっていった。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集