[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「私は1日33個のルーティンを作った」 杉山愛が高校生に伝えたエールの真意

元プロテニス選手の杉山愛さんが29日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。インターハイが中止となった全国のテニス部20人に向けて授業を行い、プロに転向した高校時代の思い出を明かしたほか、現役テニス部員たちにアドバイスとエールを届けた。

「オンラインエール授業」に登場した元プロテニス選手の杉山愛さん
「オンラインエール授業」に登場した元プロテニス選手の杉山愛さん

「オンラインエール授業」でテニス部20人にメッセージ

 元プロテニス選手の杉山愛さんが29日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。インターハイが中止となった全国のテニス部20人に向けて授業を行い、プロに転向した高校時代の思い出を明かしたほか、現役テニス部員たちにアドバイスとエールを届けた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 杉山さんが登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。ボクシングの村田諒太、バドミントンの福島由紀と廣田彩花、バレーボールの大山加奈さん、サッカーの仲川輝人、佐々木則夫さんら、現役、OBのアスリートが各部活の生徒たちを対象に授業を行ってきた。

 その第12回の講師として、女子ダブルス世界1位を経験した元名選手が登場した。「とにかく楽しかった、学生時代で一番」と振り返ったのが、高校時代。湘南工科大付(神奈川)に入学した当時について「テニスももちろんだけど、学校の時間が楽しくて。スポーツが強い学校だったので、みんな頑張っている姿が刺激になりました」と思い返した。

「その関係は今もつながっているし、高校時代の友達が一番、仲がいい。よく食べてよく寝て、少ない時間で友達と遊びに行った。楽しかったという印象しかないです」。学生生活の充実に比例するように、テニスの成績も伸びて行った。1年夏のインターハイでシングルス優勝を飾った一方、国内外の大会で実績を積み、2年生の10月に17歳3か月でプロに転向した。

「中学は勉強も厳しい学校だったので、高校はスポーツをしっかりとやれる学校を選んだ。入った時は(在学中の)プロは全然イメージしていなかったけど、1年生の時にインターハイで優勝させてもらい、想像以上に力が伸びた。いろんな大会で結果を残すことができて、これなら『プロでやっていけるんじゃないか』と思い、テニス中心にやっていこうと思ったんです」

 充実していた高校生活。「残念だったのは、プロになると試合も公欠扱いじゃなくなり、友達と別れて通信制の高校に編入するしかなかった」と語った一方で「素晴らしい仲間と、ここ(湘南工科大付)にいたいという気持ちはあったけど、17歳は世界を見渡すとプロで活躍している選手もいた。プロ転向も早いわけじゃない。正しい選択だったと思う」と決断を振り返った。

 3年間で一変したテニス人生。一気に成長できる期間だからこそ、今の高校生たちの伸びしろに期待している。

「高校生の吸収力は、大人になった今の私の吸収力とは全然違う。だから、みんなの可能性はすごく大きい。乾いたスポンジのように、吸収したいという自発的な思いは何にも代えられない。アンテナを張り、答えを求めれば、必ずチャンスはある。それを自分なりに取捨選択し、取り入れることが大事になる。合致すれば一気に可能性が広がり、力がつけられる時期だと思います」

 その上で「今は自粛で我慢させられる状況あったから。跳ね返す力はみんな強いと思う。ここからです」と背中を押した。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集