[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「私も北京五輪後に目標を失った」 ソフトボール山田恵里が高校生に届けたエール

女子ソフトボール日本代表主将・山田恵里外野手(日立製作所)が18日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。北京五輪で金メダルを獲得し、36歳でなお第一線を走るソフトボール界の天才打者は、インターハイが中止となった全国30人のソフトボール部員へ「目標を持つことで人は変われる」とエールを届けた。

「オンラインエール授業」に登場した山田恵里
「オンラインエール授業」に登場した山田恵里

北京五輪金メダリストが「オンラインエール授業」で高校生30人に夢授業

 女子ソフトボール日本代表主将・山田恵里外野手(日立製作所)が18日、「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。北京五輪で金メダルを獲得し、36歳でなお第一線を走るソフトボール界の天才打者は、インターハイが中止となった全国30人のソフトボール部員へ「目標を持つことで人は変われる」とエールを届けた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 山田が登場した「オンラインエール授業」はインターハイ実施30競技の部活に励む高校生をトップ選手らが激励し、「いまとこれから」を話し合おうという企画。これまで村田諒太、川口能活さん、佐々木則夫さんら現役、OBのアスリート、指導者が各部活の生徒、指導者を対象に授業を行ってきた。第6回を迎えた授業で、ソフトボールの日本代表主将が高校生と向き合った。

「あの時代があったから今の自分がいる。高校時代は自分の原点です」

 高校生たちにまず伝えたのは、基本を大切にすることだった。小1から野球を始め、厚木商(神奈川)入学を機にソフトボールに転向。「インターハイで日本一になること」を目標にして、練習に明け暮れた。大切にしたのは、一日一日を大切にする意識。監督から「毎日の積み重ねが結果につながる」と言われたことを心の真ん中に置き、ソフトボールと向き合った。

 そこで、こだわったのは「基本」。バット、グラブ、スパイクという道具があって成り立つ競技。「手入れをすごく大切にして、朝の練習前と夜の練習後にやっていたし、守備、打撃も基本を意識しながら練習していました」。こうした取り組みから類まれなセンスは磨かれ、高2からインターハイ連覇を達成。その後の飛躍の土台となった。

 卒業後は日本リーグの日立製作所でなど数々のタイトルを総なめにした。その打撃センスで、いつしか「女イチロー」という愛称が付き、04年アテネ五輪で銅メダル、08年北京五輪で金メダルを獲得した山田は言う。

「高校時代、基本の練習を繰り返したことで、今の打撃、守備の基本ができた。その基本なければ、今の自分いない。同じことを繰り返し繰り返しやって、当時は『練習、長いなあ』とか『意味あるのかな』と感じたこともあったけど、その基本の積み重ねが今後につながるんだと感じています。だから、続けてきて本当に良かったし、あの時代があったから今の自分がいると思います」

 現役トップ選手が届けた率直な思いに、高校生も熱心に耳を傾けていた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集