[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「今、隣にいる人を大切にして」 高校生へ、2人で戦うフクヒロだから伝わるエール

高校生から飛んだ質問「コロナの影響で部活の時間が短くなった。どうすれば…」

――モチベーションが上がらない時、技術が伸び悩んだ時、それぞれどうやって乗り越えてきましたか?

福島「モチベーションを上げるには目標が必要。この目標があるから頑張れると、私はやってきた。技術が伸び悩んだ時も含め、モチベーションが下がる時に、いろいろとやろうとし過ぎた、できないことが増えてくる。なので、今日は『レシーブだけしっかり頑張ろう』とか『スマッシュのコースをもうちょっと変えたい』とか。あれこれといっぱいやろうとするのではなく、一つ一つを丁寧にやっていくことが大事かなと私は思います」

――試合でミスした時に、どうしても気持ちが下がってしまう。そういう時は、どうやったら気持ちを上げられますか?

廣田「試合でミスした時に気持ちが下がるのはありがち。でも、ミスしてしまったのはもう過去のこと。すぐに次の一本に切り替えれば、目の前の1点を取れるし、さっきのミスも取り返せる。引きずらず、次にどうするか。早く切り替えることが大切です」

福島「ダブルスでは、廣田がミスした時は『次、次!』と思ったり、『廣田の分をカバーをしよう』と思ったりする。でも、ダブルスをやっている人なら『自分が取り返せばいいや』という強い気持ちで向かっていくのでもいいと思います」

――練習中に常に意識していることはどんなことですか?

廣田「どれだけ試合と同じ気持ち、同じ雰囲気を持って練習するかを心掛けています。練習したことが試合にそのまま出るので、試合のイメージを常に持つこと。私も高校時代はシャトルを追うのに精いっぱいになっていたので、高校生の時に試合のイメージをしながら練習ができていれば、もっと結果につながったんじゃないかと思います」

――コロナの影響で部活の時間が短くなった。質のいい練習をしたいけど、どうすれば短い時間で自分を高められますか?

福島「まず、練習時間が短ければ、ランニング、体幹など、練習時間以外でやれることはやって、体育館を使える短い時間でシャトルをたくさん打つことが大事。自分が(他校と比べて)どういう状況か分からないという不安もあると思いますが、バドミントン選手は羽根を打たないと感覚は戻らないし、不安が取れないもの。試合から遠ざかっているので、その中から徐々にゲーム形式の練習を取り入れていければいいと思います」

――団体戦の5人目で「ここで私が勝たないと負ける」とか、個人戦も「この1点を取られると負ける」という時にプレッシャーに弱い。そういう時はどう戦っていますか?

福島「私は団体戦で一番最後に回ってきたら『うわ、どうしよう……勝たないと負ける』とネガティブに思うのではなく、『あ! 一番最後に私の番。勝てばヒーローじゃん』とポジティブに思うようにしています。私も基本はネガティブなんですけど、その性格が分かっているので『どうしよう、どうしよう』と弱気になるのではなく、意識的にポジティブな捉え方を心がけています」

 どれも現役トップ選手が経験してきたアドバイスとあって、画面上にならんだ70人の顔も真剣そのもの。参加者からは「私も福島選手が言ったように、練習から高い意識とイメージを持って取り組みたい」「物事をマイナスに捉えるのを変えて『ここを取ればきっとみんなのためになる』と前向きに捉えられるようにしたい」などの声が上がり、それぞれが2人の言葉を受け止めた。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集