[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロコ・ソラーレ藤澤五月、涙の銀メダルで正直に吐露「こんな悔しい表彰式があるんだ」

北京五輪は20日、カーリング女子決勝(国家水泳センター)が行われ、世界ランク7位の日本代表(ロコ・ソラーレ)が3-10で同8位の英国に敗れたものの、日本史上初の銀メダルを獲得した。2018年平昌五輪での銅メダルに続き、2大会連続のメダル。敗れた選手の目からは涙が溢れたが、試合後は健闘を称えてハグを交わした。

銀メダルを獲得し、表彰台で笑顔をみせるカーリング女子日本代表【写真:AP】
銀メダルを獲得し、表彰台で笑顔をみせるカーリング女子日本代表【写真:AP】

北京五輪・カーリング女子決勝

 北京五輪は20日、カーリング女子決勝(国家水泳センター)が行われ、世界ランク7位の日本代表(ロコ・ソラーレ)が3-10で同8位の英国に敗れたものの、日本史上初の銀メダルを獲得した。2018年平昌五輪での銅メダルに続き、2大会連続のメダル。敗れた選手の目からは涙が溢れたが、試合後は健闘を称えてハグを交わした。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 予選を4位で突破した日本は、18日の準決勝で世界女王スイスを撃破。この日は18年平昌五輪の3位決定戦でも対戦した英国が相手だった。普段通りの笑顔でリンクに上った4人。前半を1-4と3点ビハインドで折り返し、第7Eには4失点と苦しい展開に。第9E終了時点で、相手の勝利を認める握手(コンシード)を交わした。日本の選手は目に涙を浮かべ、健闘を称えるハグを交わした。

 メダルを受け取った表彰式では笑顔もあったが、藤澤五月は「こんなに悔しい表彰式ってあるんだと初めて感じた。4年前は(3位決定戦)勝って終わって、嬉しい気持ちもあった。4年前とはメダルの色も変わったが、悔しさの方がある」と正直に明かした。最後は「ここまでこのメンバーで今日まで出来たのは嬉しかったし、心から誇りに思う」と語った。

 リザーブの43歳・石崎琴美は、2014年ソチ五輪のスキージャンプで2つのメダルを獲得した葛西紀明(当時41歳)を抜き、冬季大会では日本人最年長メダリストとなった。「皆のおかげでいろんな経験をさせてもらい、こんな素晴らしいメダルまで……本当に幸せです」と目を潤ませた。サードの吉田知那美は「今はゲームに対して悔しい気持ちはあるが、1試合の負けで全てを否定するのはもったいない。4年間よく頑張ったと感じている」と語った。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集