[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ヒロインはワリエワじゃない」 涙のハプニング乗り越えたROC選手に称賛「賢い行動」

北京五輪は15日、フィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)が行われ、ROC(ロシア・オリンピック委員会)から出場の3選手は上位につけた。アンナ・シェルバコワは80.20点で2位につけたが、3日前には使用していたスケート靴が壊れるという“危機的状況”もあったようだ。

女子ショートプログラムで2位につけたアンナ・シェルバコワ【写真:AP】
女子ショートプログラムで2位につけたアンナ・シェルバコワ【写真:AP】

北京五輪フィギュア女子、シェルバコワが乗り越えたハプニングとは

 北京五輪で15日に行われたフィギュアスケートの女子ショートプログラム(SP)で、ROC(ロシア・オリンピック委員会)から出場の3選手は上位につけた。アンナ・シェルバコワは80.20点で2位につけたが、3日前には使用していたスケート靴が壊れるハプニングもあったという。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ロシアメディア「eurosport.ru」は、「SPのヒロインは――アンナ・シェルバコワで、カミラ・ワリエワではない。彼女は壊れたスケート靴を五輪期間中に変えていた」との見出しで記事を掲載。事の顛末を伝えている。

 記事では首位ワリエワに1.96点差と迫った演技について「これは新しいスケート靴でだった!」と紹介。現地で4回転ジャンプの練習中にスケート靴が壊れ、予備を使うことになったが、その後の練習ではうまくいかず「彼女はまさに練習リンクで悔しさから泣いた」と記されている。

 こうした背景から、SPでのシェルバコワは3回転ルッツ―3回転ループではなく、3回転ルッツ―3回転トウループを跳び「とても賢く行動した」と伝えられている。ロシアオリンピック委員会が伝えたところによると、シェルバコワがスケート靴を変更したのは3日前。ブレードの刃が破損したためだという。

 シェルバコワは演技後「私はほとんどナーバスになりませんでした」「そういうことは起こります。たいしたことではありません。もちろん、五輪で起こってほしくはなかったですけれども」と語ったという。メダルが決まる女子フリーは今日17日に行われる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集