[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

地方住みで近所にアスリート専門のお医者さんがいない 相談は近くの婦人科でもOK?

Q.地方に住んでいるので、近所にアスリート専門のお医者さんがいません。近所の婦人科の病院でも、スポーツに関係する生理やコンディションの相談はできるのでしょうか?

近所にアスリート専門のお医者さんがいない場合は?【写真:Getty Images】
近所にアスリート専門のお医者さんがいない場合は?【写真:Getty Images】

日本体育大学・須永美歌子教授が回答

Q.地方に住んでいるので、近所にアスリート専門のお医者さんがいません。近所の婦人科の病院でも、スポーツに関係する生理やコンディションの相談はできるのでしょうか?

A.大丈夫です。月経周期に伴う調子の波がある、痛みが強いなど、不安や困っている症状がある場合、まずは近くの病院の婦人科を受診しましょう。個人的な意見ですが、患者の話をよく聞いて、診察や治療を進めてくださる先生がよいと感じます。スポーツをする女性の場合、例えば試合に向けて体調をどうしたいのかを聞いてくれる、ドーピングに配慮して薬を処方してくれるなどです。相性もありますので、もし受診をして不安を感じたら、ほかの病院も受診するのも手です。(日体大・須永美歌子教授)

(THE ANSWER編集部)


W-ANS ACADEMY

須永 美歌子

日本体育大学教授、博士(医学)。日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)、日本陸上競技連盟科学委員、日本体力医学会理事。運動時生理反応の男女差や月経周期の影響を考慮し、女性のための効率的なコンディショニング法やトレーニングプログラムの開発を目指し研究に取り組む。大学・大学院で教鞭を執るほか、専門の運動生理学、トレーニング科学の見地から、女性トップアスリートやコーチを指導。著書に『女性アスリートの教科書』(主婦の友社)、『1から学ぶスポーツ生理学』(ナップ)

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集