[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケ界で“過去の人”になる前に起業決断 32歳の社長アスリート・髙田真希のキャリア論

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「女性アスリートが自分らしく輝ける世界」をテーマに1日から8日までの1週間、8人のアスリートが登場し、8つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。1日目は「女性アスリートとキャリア」。銀メダルを獲得した東京五輪女子バスケットボール日本代表の主将・デンソーアイリス所属の髙田真希が登場する。

女子バスケットボール日本代表の主将・高田真希が語る人生におけるチャレンジの大切さとは【写真:(C)DESOIRIS】
女子バスケットボール日本代表の主将・高田真希が語る人生におけるチャレンジの大切さとは【写真:(C)DESOIRIS】

「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」1日目 テーマは「女性アスリートとキャリア」後編

「THE ANSWER」は3月8日の「国際女性デー」に合わせ、女性アスリートの今とこれからを考える「THE ANSWER的 国際女性ウィーク」を今年も展開。「女性アスリートが自分らしく輝ける世界」をテーマに1日から8日までの1週間、8人のアスリートが登場し、8つの視点でスポーツ界の課題を掘り下げる。1日目は「女性アスリートとキャリア」。銀メダルを獲得した東京五輪女子バスケットボール日本代表の主将・デンソーアイリス所属の髙田真希が登場する。

 東京五輪の活躍で一躍、その名を知られる存在になった髙田だが、実はあまり知られていない顔がある。それが「社長」。現役選手にして、30歳だった2020年に「株式会社TRUE HOPE」を創業した。後編では、「人生を楽しく豊かに過ごす」と自身のキャリア観を明かした髙田。バスケ界で“過去の人”になる前に行動した理由とともに、人生におけるチャレンジの大切さを語った。(取材・文=THE ANSWER編集部・佐藤 直子)

 ◇ ◇ ◇

 何事もきっかけは大切だ。そして、同じくらい大切なのが、日常にある小さなきっかけを逃さないアンテナだろう。

「少ないチャンスをモノにできるか。きっかけって小さいことが多いと思うんですけど、自分がどうなりたいか、どうしたいか、それがあると掴みやすいんじゃないかと思います」

 そう語るのは、東京五輪でバスケットボール女子日本代表主将として銀メダル獲得に貢献した髙田真希(デンソーアイリス)。現役アスリートであり、「株式会社TRUE HOPE」を立ち上げた起業家でもある。大好きなバスケットボールの魅力を広めたいという自身の夢、そして自身の経験を伝えながらバスケットボール選手になりたいと願う子どもたちの夢を叶える場所として「TRUE HOPE」を設立した。

 アスリートにとって応援は最高のエネルギー源となる。女子バスケットボールがさらに盛り上がり、どの試合も満員となる日が来てほしい。髙田は「どうやったらファンになってくれるんだろう、どうやったら試合に足を運んでくれるんだろう、ということは常々考えています」と話す。だからこそ、ファンになってもらうきっかけを敏感にキャッチしている。

「ファンになってくれるきっかけは、本当にちょっとしたことなんですよね。オンラインショップでグッズを買ってくれた方に直筆メッセージを添えたり、試合会場で客席を見ながら手を振ったり、それだけでも『また応援したいな』と会場に足を運んでくださる方がいる。そこを意識できる選手が増えれば、普及や盛り上がりにつながってくると思うので、小さいきっかけを見逃さずにコツコツやっていきたいと思います」

 何をしたら喜んでもらえるのか。どういう反応が返ってくるのか。アイデアを考えている時は「すごく楽しくて、すごく充実しています」と目を輝かせる。浮かんだアイデアを実行する場所は準備完了。初めてづくしの経験ではあるが、会社を立ち上げてよかったと思う。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集