[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

栗山監督が謝罪「勘弁してください」 侍J解散時の真摯な言葉にネット感激「泣ける」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は日本の14年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。さまざまな名シーンを作ったチームを率いてきた栗山英樹監督は、チーム解散時の選手に向けた最後のスピーチで「嫌な思いをさせて申し訳ない」と謝罪。チーム公式ツイッターが動画を公開すると、ファンに「泣けてくる」「素晴らしき挨拶」と感動を与えている。

日本代表の栗山英樹監督【写真:Getty Images】
日本代表の栗山英樹監督【写真:Getty Images】

チーム解散時に行ったスピーチ

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は日本の14年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた。さまざまな名シーンを作ったチームを率いてきた栗山英樹監督は、チーム解散時の選手に向けた最後のスピーチで「嫌な思いをさせて申し訳ない」と謝罪。チーム公式ツイッターが動画を公開すると、ファンに「泣けてくる」「素晴らしき挨拶」と感動を与えている。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 一言一句を丁寧に紡いだ。王座奪還を果たし、チームが解散する際に最後のスピーチを行った栗山監督。「お疲れさまでした」と発すると、最初に口をついたのは謝罪だった。

「まずはスタートする時に言いましたけど、これだけの素晴らしい選手が集まっているにもかかわらず、この大事な時期に出ることができなかった選手もいたと思います。本当に嫌な思いをさせたと思いますけど、それは勘弁してください。チームが勝つために一生懸命考えてやったことなんで、それは勘弁してください」

 メジャー組も国内組も所属チームのシーズン開幕を控える時期に侍ジャパンに集結。出番が少なく、調整に苦労した選手を慮った。その上で「今回経験したことをチームに帰って、皆がシーズンを頑張ってくれることを祈ってます。今回本当に日本中に野球の素晴らしさが伝わったと思います。以前から、ジャパンというのは『野球の伝道師であれ』というような思いがあるんですけど、いろんな勉強をしたりとか、そういったものをぜひチームに戻って、次の世代、子どもたちのためにもぜひ伝えていってください」と語りかけた。

 最後に「またぜひこういう素晴らしいチームでみんなで集まって野球やりたいと思うので、本当に素晴らしい野球だったと思います。本当にありがとう。またみんなで元気に会いましょう。お疲れさまでした」と締めた栗山監督。侍ジャパン公式ツイッターは「大会終了後、チームを率いた栗山英樹監督が選手たちに向けてメッセージを贈りました」とつづり、1分21秒の動画を公開した。

 ファンからは「素晴らしいスピーチ」「また泣けてきます」「選手への配慮の効いた言葉から始めるのが栗山監督らしいですね」「選手に対するリスペクトの思いがさすが!」「WBCロスが…」「こんなの見たら泣けてきます」「野球の伝道師であれ、すごくいいですね」といった反響が。さらに「大谷さんの話の聞き方が好きすぎる」「一平さん同時通訳もできるの凄すぎる」「近藤さんの足めっちゃ凄くね?」など聞いている選手などに注目するコメントも集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集