[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村上宗隆の特大HRは今大会最速弾! 打球速度185キロ、日本の主砲に驚きのデータ判明

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米マイアミのローンデポ・パークで決勝が行われ、日本と前回王者・米国が激突した。0-1の2回先頭、村上宗隆内野手(ヤクルト)が同点の特大右越えソロを放った。米メディアによると、これは今大会生まれた本塁打で最速の打球速度だった。

2回に同点ソロを放った侍ジャパンの村上宗隆【写真:Getty Images】
2回に同点ソロを放った侍ジャパンの村上宗隆【写真:Getty Images】

WBC決勝・日本―米国

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は21日(日本時間22日)、米マイアミのローンデポ・パークで決勝が行われ、日本と前回王者・米国が激突した。0-1の2回先頭、村上宗隆内野手(ヤクルト)が同点の特大右越えソロを放った。米メディアによると、これは今大会生まれた本塁打で最速の打球速度だった。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 目にも止まらぬ速さで打球はすっ飛んでいった。0-1で迎えた2回先頭、村上は昨季ダイヤモンドバックスで13勝の右腕ケリーが投じた真ん中148キロ直球をフルスイングし、右翼スタンドに特大アーチをかけた。打った瞬間、本塁打を確信。ゆっくりと歩き出し、試合を振り出しに戻した。

 打球速度は115マイル(約185キロ)だった。「ESPN」のデータ専門公式ツイッター「ESPNスタッツ&インフォ」は「日本が2回にムネタカ・ムラカミのソロで同点に。ムラカミの本塁打の打球速度は115.1マイルで、今大会の本塁打の中で最速だった」と速報。日本の主砲が放った一発の驚きのデータを伝えた。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集