[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村上宗隆「バントもよぎった」 弱気の虫を拭い去ったサヨナラ打「腹をくくっていった」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5でサヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。試合後の会見では「バントもよぎった」と“弱気”がにじみ出たことを告白。21日(同22日)の決勝で前回王者・米国と対戦する。

WBC準決勝、逆転サヨナラ打を放ち歓喜の村上宗隆【写真:Getty Images】
WBC準決勝、逆転サヨナラ打を放ち歓喜の村上宗隆【写真:Getty Images】

WBC準決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は20日(日本時間21日)、米マイアミのローンデポ・パークで準決勝が行われ、日本はメキシコに6-5でサヨナラ勝ちした。連覇した2009年第2回大会以来、14年ぶりの決勝進出。最後は不振の村上宗隆がサヨナラ2点適時打を放った。試合後の会見では「バントもよぎった」と“弱気”がにじみ出たことを告白。21日(同22日)の決勝で前回王者・米国と対戦する。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 村神様も一瞬だけ不安がよぎった。4-5の9回無死一、二塁。託された若き村上が弾き返した打球はグングンと伸び、中堅フェンスを直撃。大谷翔平、周東佑京が生還し、劇的なサヨナラ勝ちで決勝進出を決めた。ナインは大喜び。ヒーローはウォーターシャワーでずぶ濡れになった。

 村上は試合後の会見に出席。「悔しい想いしていたけど、最後なんとか修正して打てました。翔平さんが塁に出てくれて、(吉田)正尚さんから四球でつないでくれたので、ちょっとバントもよぎったけど、城石さんから、監督が『ムネに任せた。思い切っていってこい』と(指示を)言われて、腹をくくっていった」と告白した。

 0-3の7回2死一、二塁。吉田が打席に入ったところで、山川穂高がバットを持って準備をしていた。この時の心境について、「代打かなと、シンプルに。自分の状態を含め、代打かなと思いました」と説明。「でも、あそこで正尚さんが打って、最後僕のところに回ってきたので、そういう流れだったのかな」と振り返った。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集