[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本人は「野球が本当に好き」 イタリア打者は午後3時の東京Dを「一生忘れられない」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表は20日(日本時間21日)、メキシコとの準決勝を迎える。東京プールは5戦全勝。16日の準々決勝(東京D)で日本に敗れたイタリア打者は、先発した大谷翔平投手の人気ぶりに「午後3時に会場入りしたんだけど、会場は超満員だった」と驚いていた。

イタリア代表のサル・フレリック【写真:Getty Images】
イタリア代表のサル・フレリック【写真:Getty Images】

WBC

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表は20日(日本時間21日)、メキシコとの準決勝を迎える。東京プールは5戦全勝。16日の準々決勝(東京D)で日本に敗れたイタリア打者は、先発した大谷翔平投手の人気ぶりに「午後3時に会場入りしたんだけど、会場は超満員だった」と驚いていた。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 大谷の人気ぶりに驚いたのは、イタリアのサル・フレリック外野手だった。米ウィスコンシン州地元紙「ミルウォーキー・ジャーナル・センティネル」のブルワーズ番カート・ホッグ記者が、インタビュー動画をツイッターに公開。大谷が先発した東京Dで試合をした経験について、こう語っている。

「とんでもなかったね。打撃練習で午後3時に会場入りしたんだけど、会場は超満員だった。ファンは僕たちにも拍手を送ってくれた。野球が本当に好きなんだ。一生忘れられない。最高だったよ」

 試合開始4時間前から盛り上がる光景に感動した様子。この試合では5打数無安打だったが、大谷との対戦については「素晴らしかったよ。球界最高の選手の一人だし、会場入り前、みんなソワソワしていたんだ。投球を見てからは打席でもそれほど不快ではなくなって、落ち着くことができたよ」と振り返った。

 春季で最も難しい打席だったのではないか。そんな問いには、「間違いないね。特に勝たなきゃいけないあのような緊迫した雰囲気ではね。これは春季キャンプでは経験できないものだ。最高だったよ」と貴重な経験になったようだ。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集