[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBC東京ドームで「可愛さが世界を変えた!」 3歳少女が大人を率いた国際交流に絶賛の嵐

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は15日、東京ドームで準々決勝が行われ、豪州はキューバに3-4で逆転負け。惜敗で4強進出を逃した。一方、試合中には日本戦で「レッツゴージョージ!」の掛け声で応援した少女が再び話題に。日本人を含めた大人たちを率いて声援を送り、ちょっとした“国際交流”となった。ネット上では「癒しだ」「可愛さが世界を変えた!」「これが国際大会の良いところ」との声が上がった。

キューバ戦で豪州の応援団を率いたのは3歳の少女だった【写真:Getty Images】
キューバ戦で豪州の応援団を率いたのは3歳の少女だった【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」準々決勝

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は15日、東京ドームで準々決勝が行われ、豪州はキューバに3-4で逆転負け。惜敗で4強進出を逃した。一方、試合中には日本戦で「レッツゴージョージ!」の掛け声で応援した少女が再び話題に。日本人を含めた大人たちを率いて声援を送り、ちょっとした“国際交流”となった。ネット上では「癒しだ」「可愛さが世界を変えた!」「これが国際大会の良いところ」との声が上がった。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 東京Dにまた「レッツゴー・ジョージ!」が響いた。2回先頭、ジョージの打席。豪州ファンが詰めかけた客席の一角で一人の女の子が「レッツゴー・ジョージ!」の大きな掛け声を上げ、日本人を含めた周囲の大人たちが「レッツゴー・ジョージ!」と続く。日本戦のテレビ中継で同様の場面が映り、「天使」「可愛すぎる」と大きな話題になった少女。この日も再び試合中継や豪州代表ツイッターでも紹介され、日本人を虜にした。

 試合には敗れたものの、ネット上では「可愛い応援団長」「癒しだ」「可愛さが世界を変えた!」「これが国際大会の良いところだよねえ」「一緒に応援してる大人もかわいい」「平和すぎる」「ほのぼの」「こういうの好きや!!」「温かすぎるこの空間に入りたい」「『レッツゴージョージ』流行語大賞ノミネート」「また次回もおいでね」などの声が続々と上がった。

 女の子の正体はティム・ケネリー外野手の娘・フローレンスちゃん。ジョージを応援する場面が話題のきっかけとなったが、試合中は1番打者を務めた父のことももちろん応援。「レッツゴー、ティミー(父の愛称)」「レッツゴー、ダディ(お父さん)」のほか、チャンスで打席に立った選手の名字やファーストネームを入れるものなど、数々のパターンが存在している。

「THE ANSWER」の取材に「将来の夢はお姫様」と話したフローレンスちゃん。母のアナさんは「日本で話題になっていることは聞いたわ。クレイジーだし、驚いているけれど、彼女はこれからも豪州のスタンドで大声を出し続けるでしょうね」と笑った。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集