[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBCチェコ監督、日本人への愛を表現した粋な装いに米称賛「野球界で最も愛すべき男」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で1次ラウンド敗退となったチェコ代表。13日に行われたオーストラリア戦は3-8で敗れたが、試合後の会見でパベル・ハジム監督が日の丸入りの必勝ハチマキを巻いて登場。「本当に日本、ありがとうございます」と語った姿に、米国の実況アナウンサーは「野球界で最も愛すべき男かも」と称賛している。

チェコ代表のパベル・ハジム監督【写真:Getty Images】
チェコ代表のパベル・ハジム監督【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で1次ラウンド敗退となったチェコ代表。13日に行われたオーストラリア戦は3-8で敗れたが、試合後の会見でパベル・ハジム監督が日の丸入りの必勝ハチマキを巻いて登場。「本当に日本、ありがとうございます」と語った姿に、米国の実況アナウンサーは「野球界で最も愛すべき男かも」と称賛している。

 日本で4試合を戦い抜いたチェコ代表。指揮官が最後の会見で披露した姿は、日本の魂が宿っていた。

 ロースターの大半の選手が他に職業を持ちながら、日本戦は先制するなど善戦。ひたむきなプレーとスポーツマンシップ溢れる行動で野球ファンの心を掴んだ。オーストラリアに敗れた後でも姿勢は変わらず。代表チームのウェアを着たハジム監督は、必勝ハチマキを付けた姿で会見に臨んだ。

 MLB公式のマイケル・クレア記者は、ハジム監督のハチマキ姿を自身のツイッターで公開。これに、米MLB専門局「MLBネットワーク」でWBCプールAの実況を務めたタイラー・マウン氏が反応した。引用リツイートで「野球界で今まで会った中で最も愛すべき男かも」と記し、魅了された様子だった。

 ハジム監督は、この試合で先発したマーティン・シュナイダー投手が降板する際、マウンドへ向かうと帽子を取って深々とペコリ。“日本流”のお辞儀を見せて好投を労った。会見では、「日本がどれだけ親切に支援してくれたことか。その感謝の気持ちです」とハチマキ姿の理由を説明していた。

 すっかり日本人ファンを増やしたチェコ代表。WBC初出場を飾った地に、指揮官も特別な思いを抱いたようだ。

(THE ANSWER編集部)




W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集