[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBCで起きた笑撃ハプニングに広がる反響 ユニホーム胸文字を「自ら剥がしてしまった」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で起きたハプニングに反響が広がっている。13日(日本時間14日)、プールCで初出場の英国がメジャーリーガーを擁するコロンビアを7-5で破る大金星。サッカーの母国が、野球の世界一を決めるWBCで歴史的1勝を挙げた。この試合で英国代の投手の胸文字「GREAT BRITAIN」の1つ目の「T」が消失する珍事が発生。ファンは「これは恥ずかしい」「爆笑した」との声を上げたが、実況席は「自ら剥がしてしまいました」と突っ込みを入れた。

イアン・ギバウト【写真:Getty Images】
イアン・ギバウト【写真:Getty Images】

英国代表の胸文字のロゴ「GREAT BRITAIN」が「GREA BRITAIN」になる珍事

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で起きたハプニングに反響が広がっている。13日(日本時間14日)、プールCで初出場の英国がメジャーリーガーを擁するコロンビアを7-5で破る大金星。サッカーの母国が、野球の世界一を決めるWBCで歴史的1勝を挙げた。この試合で英国代の投手の胸文字「GREAT BRITAIN」の1つ目の「T」が消失する珍事が発生。ファンは「これは恥ずかしい」「爆笑した」との声を上げたが、実況席は「自ら剥がしてしまいました」と突っ込みを入れた。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 試合を伝えるアナウンサーまで驚いた。8回からマウンドに上がり、試合を締めくくった右腕イアン・ギバウト。登板中、その胸に異変が発生した。「GREAT BRITAIN」の胸文字の1つ目の「T」が剥がれかけ、ひっくり返っている。そして、投球練習をしている場面だった。勢い良く投げた直後、ついに「T」が消失。「GREA BRITAIN」となってしまった。ただし、現地中継では「T」が落ちる瞬間を激写。しかも、ギバウトの足元に落ちた「T」までしっかりと撮影する抜け目なさだった。

 この場面は米国のファンの間で「これは恥ずかしい」「爆笑した」と話題に。では、試合を中継した米スポーツ専門局「FOXスポーツ」がどう伝えたかというと、アナウンサーは「自ら剥がしてしまいましたね」と突っ込みを入れ、さらに足元に落ちてしまった「T」が映し出されると「そして、Tはここです」と冷静に語っていた。

 同局公式ツイッターが紹介した実際の動画には、日本人からも「最後のThere is the Tマジで草」「ほんと即席で作ったんだろうなユニフォーム」「T剥がれたのわろた」「ほんと何なのこの人たちのユニ」「死ぬwww」などの声が上がり、よもやのハプニングに笑いを堪え切れない様子だ。動画の再生回数は40万回を超えている。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集