[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBCチェコ選手がこぞって「ありがとう日本!」 日本人も「チェコという国に興味持った」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で1次ラウンド敗退が決まったチェコ。11日の日本戦では2-10で敗れたものの、爽やかなスポーツマンシップなどで話題を集めた。選手たちは自身のインスタグラムで「ありがとう日本!」と日本語で感謝の投稿。日本のファンからは労いの言葉が掛けられている。

日本戦で好守を披露したM.ムジク【写真:Getty Images】
日本戦で好守を披露したM.ムジク【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で1次ラウンド敗退が決まったチェコ。11日の日本戦では2-10で敗れたものの、爽やかなスポーツマンシップなどで話題を集めた。選手たちは自身のインスタグラムで「ありがとう日本!」と日本語で感謝の投稿。日本のファンからは労いの言葉が掛けられている。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 WBC初出場だったチェコ。ロースターの大半の選手が国内アマチュアリーグでプレーし、他の職業を持ちながら、日本と9回を戦い抜いた。試合後にはベンチの前から勝者となった日本の選手やファンに拍手を送る姿があり、最後までスポーツマンシップを示したチームには国内外から大きな注目が集まることに。1次ラウンド敗退となったが、12日の韓国戦、13日のオーストラリア戦では東京ドームの観客からチェコへ向けて大きな声援が送られた。

 インスタグラムでは選手たちが感謝の投稿。日本戦で好守を披露したムジク内野手と、日本の先発・佐々木朗希投手から二塁打を放った現役大学生クラップ外野手は、それぞれのアカウントで「ありがとう日本!」と日本語で記した。

 ともにフォロワーは2800人前後ながら、日本のファンからは「また日本に遊びにきてください!」「また日本に来てね」「次のWBCを楽しみにしてます」「チェコにいつか行きたいです」「これからも応援しています」「こちらこそ感動をありがとう」「素晴らしいプレーをありがとうございました!」「おかげでチェコという国にとても興味を持ちました」と労いの声が寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集