[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBC中国監督、韓国戦前にアメリカンジョーク炸裂 会見に孫伴う「20ドル賄賂を渡した」

中国代表のディーン・トレーナー監督は13日、「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド最終戦の韓国戦(東京ドーム)を前に、試合前会見に応じた。中国は既に3戦全敗で、1次ラウンドでの敗退が決まっている。

WBC中国代表のトレーナー監督【写真:荒川祐史】
WBC中国代表のトレーナー監督【写真:荒川祐史】

米国出身の75歳トレーナー監督

 中国代表のディーン・トレーナー監督は13日、「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド最終戦の韓国戦(東京ドーム)を前に、試合前会見に応じた。中国は既に3戦全敗で、1次ラウンドでの敗退が決まっている。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 米国出身で75歳のトレーナー監督は、2人の孫(14歳のキャノンくんと12歳のコービーくん)と、日本の香川・琴平高、四日市大を卒業しているルー・ユン捕手を伴い会見。ルーを指さしながら「彼はチームで私の実質的な息子のような選手。みんな私のファミリーです」と紹介したが、本当の息子(キャノンくんとコービーくんの父親)は会見中、報道陣の背後で動画撮影を行っていた。

 コービーくんが「おじいちゃんを誇りに思う」とコメントすると、トレーナー監督は「私は彼にこう言わせるために、20ドルの賄賂を渡した」とアメリカン・ジョークを飛ばした。

 これまで全敗の中国だが、初戦の日本戦では7回表終了時点で1-3の競り合い(最終的には1-8)を演じるなど、善戦も目立った。トレーナー監督は「日本戦の戦いぶりを見ても、チーム全体のレベルは上がっている。中国において野球をメジャースポーツにすることが、私のゴールであり、チームのゴールだ」と語った。

 日本戦前には、日本メディアに「(中国の監督が)白旗を掲げた」と報じられたとして、会見で「中国はいまだかつて白旗を掲げたことは1度もない」と怒りをあらわにするなど、話題をまいたトレーナー監督。最終戦前は好々爺な一面をのぞかせていた。

(宮脇 広久 / Hirohisa Miyawaki)


DAZN

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集