[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「裏でタカさん操作してない?」 大谷も三振喫したチェコ右腕の“魔球”にファン騒然

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は11日、東京ドームで行われた1次ラウンド・プールBで日本代表・侍ジャパンがチェコと対戦。10-2で3連勝となり、準々決勝進出に大きく前進した。この試合で話題になったのが、相手先発のサトリアが見せた投球術。130キロに満たない速球とチェンジアップを駆使し、大谷翔平から三振を奪うなど翻弄した。「リアル野球BAN」を連想するツイッター上のファンも多数おり、「このピッチャー、裏でタカさん操作してない?w」などと注目を集めた。

WBC日本戦で先発したチェコのサトリア【写真:荒川祐史】
WBC日本戦で先発したチェコのサトリア【写真:荒川祐史】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は11日、東京ドームで行われた1次ラウンド・プールBで日本代表・侍ジャパンがチェコと対戦。10-2で3連勝となり、準々決勝進出に大きく前進した。この試合で話題になったのが、相手先発のサトリアが見せた投球術。130キロに満たない速球とチェンジアップを駆使し、大谷翔平から三振を奪うなど翻弄した。「リアル野球BAN」を連想するツイッター上のファンも多数おり、「このピッチャー、裏でタカさん操作してない?w」などと注目を集めた。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 130キロ超えの球は1球もない。それでも、日本の好打者たちを翻弄した。チェコの先発マウンドには国内リーグ通算60勝のサトリア。同国の野球協会公式ツイッターによると、本職は「電気技師」だという。初回、1番ヌートバー、2番近藤をともに低めのチェンジアップで三振に仕留めると、3番大谷も115キロのチェンジアップを引っかけさせて一ゴロに封じた。

 2回にも4番の村上から127キロのストレートで奪三振。その後1死満塁のピンチを迎えるも、中野、甲斐を打ち取って無失点で切り抜けた。3回、近藤に二塁打を打たれ1死二塁で大谷と対戦したが、追い込んでからまたも116キロのチェンジアップで勝負。体勢を崩された大谷から空振り三振を奪って見せた。

 サトリアはその後、吉田正尚に逆転の2点タイムリーを浴びるなどしたものの、何とか3回を5安打3失点で投げ切った。この投球スタイルが、テレビ朝日系「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」の人気企画「リアル野球BAN」のマシンに似ているとツイッターで話題になった。

 騒然とするファンからは「リアル野球BANの空振りやんw」「ピッチャーリアル野球BANの球速なんよな…」「チェコのピッチャー、野球BANの石橋貴明説あるな」「このピッチャー、裏でタカさん操作してない?w」「リアル野球盤で石橋貴明にやられてる感じ」「スポーツ王の魔球チェンジアップばり」などとコメントが書き込まれていた。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集