[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヌートバーに「日本中が恋した」 愛されぶりに海外メディア注目「熱狂は増すばかり」

野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は連日熱戦を展開。海外から代表入りしたラーズ・ヌートバー外野手は走攻守に活躍を見せた。実力と人柄でも大人気に。海外メディアは「日本全体が彼に恋をしている、と口にするファンもいる」と注目した。

侍ジャパンのラーズ・ヌートバー【写真:Getty Images】
侍ジャパンのラーズ・ヌートバー【写真:Getty Images】

「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」1次ラウンド

 野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表は連日熱戦を展開。海外から代表入りしたラーズ・ヌートバー外野手は走攻守に活躍を見せた。実力と人柄でも大人気に。海外メディアは「日本全体が彼に恋をしている、と口にするファンもいる」と注目した。

【注目】応援のプロが楽しみにする『チアスタ!』での交流 チアリーダーHARUKAさんの想い

 日本の引っ張るヌートバー人気が止まらない。試合前には円陣で声出しを担当。熱いキャラクターでチームの盛り上げ役としても存在感を発揮した。試合では打つだけではなく、全力疾走、ダイビングキャッチなどのハッスルプレーも披露。コショウをひくパフォーマンスも定着した。10日の韓国戦後にはお立ち台へ。最後に日本語で「ニッポンダイスキ、ミンナアリガトー!」と叫んだ。

 ヌートバー人気に注目したのは、インドメディア「Sportskeeda」のツイッターだった。ヌートバーが幼少期に日本代表入りの夢を語った様子、今大会活躍したシーン、チームで喜ぶ姿、ファンサービスをしている場面などを動画にまとめた。文面では「カリフォルニアで生まれたラーズ・ヌートバーが日本代表のために素晴らしいことをしている」と称賛。動画内の音声でこう伝えた。

「ラーズ・ヌートバーというような名前の選手がWBCで日本を代表するだろうとは思わなかったかもしれない。彼はカリフォルニア生まれだが、アジアの島国で生まれた母親を通して、日本との繋がりがある。雑音や怒声にも負けず、東京Dでの韓国戦の5回表にヌートバーは煌めくキャッチを見せた。これはパドレスのキム・ハソンが打ち上げた打球だった。

 このプレーで日本は4-3とリードを守った。ヌートバーは打点も挙げるなど他でも貢献した。初戦で感じられた東京Dの熱狂はさらに増すばかりだった。日本代表のファンはヌートバーに夢中だ。日本全体が彼に恋をしている、と口にするファンもいるぐらいだ。別のファンは、他のチームメートと身体的特徴を共有していないヌートバーが、日系米国人として新しい道を切り拓いている、と述べた」

 ヌートバーは昨季、カージナルスで14本塁打を放つなどブレーク。母親が日本生まれ日本育ちという縁もあって代表入りを果たした。「テイラー・タツジ」のミドルネームから、侍ジャパン内では「たっちゃん」がニックネームに。ファンの人気も沸騰している。

(THE ANSWER編集部)





W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集